外国人が謝らないって本当デスカ??

f:id:yonjyoudansi:20161013094937j:plain


こんちは、40男子です。
国際情勢では日中韓の緊張状態というのがこの数年続いていますが、日本の飲食店には今も中国・韓国他外国人のアルバイトが多数働いています。

今や日本の飲食店は外国人の働きがなければ労働力を確保できない状態にきているといっても過言ではありません。

前に勤めていた牛丼屋では私(日本人)と中国人と韓国人で元旦を迎えるグローバル年越しが毎年の様に実施されましたwww

外国人には日本にはない文化や風習やがあるので価値観の違いからトラブルに発展する事も多くありました。

今回は私の経験に基づいた外国人の国別の特徴を記載していきます。


牛丼屋で働く人たち

f:id:yonjyoudansi:20161013095751j:plain

出身国はどこが多い?

私が働いていた牛丼チェーンで一番多いのは当然ながら日本人でした。地域によって比率は変わりますが都内なら概ね6割は日本人で残りの4割は外国人でした。

その外国人の中でも一番多いのが中国人で次いでベトナム、少数ながらも韓国と続きます。白人は殆ど見た事がありませんが過去に1人だけいました。牛丼店で働くフィリピン人は見た事がありません。


日本人/日本人/日本人/日本人/日本人/日本人
中国人/中国人/越南人/韓国人


都内の一部の地域では9割中国人というお店も珍しくはありません。業務用のマニュアルも中国語、韓国語と多数のバージョンが用意されています。

外国人労働者のメリット・デメリット

冒頭でも述べたように飲食業界の人手不足は深刻で外国人労働者を雇わなければお店の運営が出来ないような状況にあります。

日本語スキルの低い外国人にイライラするお客様も多く「なんでお前の店は外人なんて使っているんだよ!?」なんて怒鳴られる事も多くありましたが外国人を雇わなければそもそも牛丼を提供できないような状況にあるんですよね。

また外国人は日本人に比べて目的意識(稼ぎたい)がはっきりしている為、可能な限り出勤してくれます。日本人アルバイトなどに比べてシフトの融通が利くのが一番のメリットです。

逆にデメリットは週に働ける労働時間が定められています。1週28時間以上は働く事が法律によって禁じられている為(特定期間中は1週40時間要申請)、外国人を採用している店舗は外国人労働者の労働時間に気を配らなければなりません。

他にも文化の違いによるメリット・デメリットがあるので国別に特徴を記載します。

国別アルバイターの特徴

ここではアルバイトに必要な能力を「日本語」「技術力」「シフト」の3項目に分けて5点満点で評価します。

「日本語」はそのまんま日本語の理解度を表しています。「技術力」は調理・接客・洗浄といった牛丼店の仕事の習熟度です。「シフト」はどのくらい働いてくれるかを表しています。

日本

f:id:yonjyoudansi:20161013095154p:plain

日本語:☆☆☆☆☆
技術力:☆☆☆☆
シフト:☆☆☆

日本人アルバイターは平均的に能力が高く真面目なので最も採用したい人材です。

一番のメリットはコミュニケーションの取り易さです。言葉が通じるので仕事も早く正確に覚えてくれます。

労働に対する意欲という点に於ては他の外国人より低く俺らは所詮バイトという意識が強いのも特徴です。

ごくまれにぎりぎりニートの様な人間を採用してしまい被害を受ける事もありますが大抵は安定した戦力になってくれます。

中国

f:id:yonjyoudansi:20161013095209p:plain

日本語:☆☆☆
技術力:☆☆☆☆☆
シフト:☆☆☆☆

中国人は言葉で覚えるというより体で覚える、やってみて覚えるのが中国人です。

日本語もソコソコ話す事が出来るのでコミュニケーションはとりやすいです。

牛丼店では社員を頂点にアルバイトにもランク分けがされています。これは社員不在時の臨時の責任者が必要になるからです。

しかし中国人は社員以外は全員同じ立場という認識があるため社員以外のいう事を聞かない傾向があるので面倒ですwww

衛生上の意識が他国に比べて低く床に落ちた食材を利用する事があるので衛生面では特に注意が必要です。

上海出身者は比較的、日本人に近い感覚をもっていて能力も高いが他の地域出身の中国人を見下す傾向にあります。

また中国人は中国人仲間を紹介してくれる為(職場でも中華街を作る)、人材に困ったら中国人という手段もあります。



韓国

f:id:yonjyoudansi:20161013095234p:plain

日本語☆☆☆☆
技術力☆☆
シフト☆☆☆

一緒に働いた韓国人は二人しかいませんでしたが日本語は高いレベルで通じます。

しかし、問題が多かったのが韓国人アルバイトでした。(私の経験上の話しです。)

ある韓国人は突然バックレました。理由はよくわかりませんが突然の音信不通です。

その韓国人の彼女を名乗る女性からもどこに行ったか知りませんか?と聞かれました。こっちが聞きたい位でした。

もう一人の韓国人は能力が低くシフトにあまり入れられなかったのですがその事について差別されていると抗議してきました。

そのような経緯から何回か面談と教育をしましたが結局出来なくて私の教えかたが悪いって言われました(笑)

その後は深夜に数回のイタ電攻撃を受けた為、雇い止め面談を実施して退職していきました。

捨て台詞に「夜道の背後に気を付けて」と言われてゾッとしたのを覚えています。


越南

f:id:yonjyoudansi:20161013095250p:plain

日本語☆☆
技術力☆☆
シフト☆☆☆☆☆

能力的には高くないが仕事に対して意欲的で人柄も温厚、とにかく真面目で良く働くのがベトナム人です。

私の中ではベトナム人に外れなしという格言が出来ています。

まずベトナム人は出来ないという事をあまり口にしません。新しい事に前向きにチャレンジしてくれます。

国にいる家族にお金を送るという大義の下に働いているので生活は地味で質素にしているため限界まで働いてくれます。

日本語能力は決して高くないのですが温厚なのでバイト仲間からもお客様からも受け入れられます。しかし本気で日本語しゃべれないけど「やれます」みたいな事を言うのが困りものですwww

外国人労働者の共通した特徴

サービス残業はしない

f:id:yonjyoudansi:20161013095446p:plain

ほとんどの外国人は時間ぴったりに帰ります。日本人的なサービス残業精神は一切ありません。

アルバイトだから当然と思うかもしれません。私もバイトには時間ちょうどで帰りなさいと言っていました。

それでもサービス残業するのが日本人です。外国人の方は「稼ぐために時間を使っている」意識が高いのでサービス残業はほぼ0です。

謝らない

f:id:yonjyoudansi:20161013095520p:plain

本当に謝りません。温厚なベトナム人もあまり謝りません。日本人はちょろいので簡単に謝ります。私も比較的簡単に謝りますwww

日本人の感覚で悪いとは思わないのが原因だと思います。留学生ではなく日本で生まれ育った方は外国人でも謝るので価値観が違うだけだと思います。

結構楽しい

f:id:yonjyoudansi:20161013095614p:plain

国対国の関係は良いとは言えませんが対個人レベルなら割と楽しんで関わることが出来ます。

外国人と働くと文化の違いがはっきりでてくるので、その中で日本の良さを実感したり外国人の優れている部分を勉強できます。

昔はもっと外国人アレルギーありましたが一緒に働いて文字通り世界が広がったなと感じました。

余談ですが中国人は美人が多いです。私の好みではありませんでしたが別の社員がよく手を出していましたwww


牛丼豆知識↓
game40dai.hatenadiary.com


読者登録もお願いします。


にほんブログ村