読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー過ぎてもゲームは楽しい。

ゲームや漫画と健康そして家族の話し

転職後、入社初日から偉そうな中途採用者www

こんちは、40男子です。
ドラクエ3の世界では転職するとレベルが1に戻りますよね。現実の世界ではレベルという概念はありませんが転職先での扱いは役付きで向かい入れられた場合を除けば中途採用の新人という扱いになると思います。

しかしながら、中途採用者の多くは「中途採用の新人」という事実をなかなか受け入れられないものです。就業している人であれば一度くらいは「あの人、中途で入ったばかりなのに偉そう」なんて話を耳にした事はありませんか。

私の経験上ですが中途採用者は年を重ねる程に自分が新人であるという意識は低いと思います。

f:id:yonjyoudansi:20161027112140j:plain

転職後の方が大変

転職活動中は「次の仕事みつかるかな」「早く新しい仕事を見つけたい」という職探しに意識が向いてしまうのは当然の事ですが、今まで仕事をしてきた方であれば高望みをしない限り職がみつからないという事は少ないと思います。

それよりも転職先で新たな環境で働く事の方が転職活動の10倍は大変だと思います。特に30代からの転職となると当たり前の様に指導担当者が年下という事は十分に考えられます。

年下の指導者

f:id:yonjyoudansi:20161027112450p:plain

文章で「年下の指導者」といわれてもピンとこない方もいるかもしれませんが、実際には年下の指導者という事実を受け入れられない人はかなりいます。

先日もラジオで「中途で入社した年上の新人が指示を聞かなくて困る」という相談をしていましたし、こんな事を書いている私も「ん?教育係が年下か…」等と思った事はあります。

実際、私の第4の就職先である牛丼チェーンでは現場での最初の指導者は女子高生で「えぇ??」とも思いました。

「JKが指導?ラッキー」なんて思うのは2次元の世界だけで現実に年下、しかも私の場合高校生でしたから多少なりとも複雑な思いもありました(笑)

しかし私も当時30歳とそこまで年齢が高かった訳でもないし過去にも年上の部下、年下の上司と働いた経験もあったせいか「仕事と年齢は別」という意識は持っていたのでそこは素直に受け入れる事ができました。

転職を考える方は年下の担当者、異性の上司という様な事実がある事を想定しておかなければいけません。

わたくし、4回も転職やってます(笑)↓
game40dai.hatenadiary.com

年功序列について

年功序列という考え自体は私は肯定的にとらえている部分もあります。年齢を重ねるだけで誰でも地位と報酬があがるのであればその方が絶対に楽だからです。

年功序列は現状、薄れてきてはいるものの、年配者の方たちの中では年功序列制度は生き残っています。歳が上であるほどに年功序列制度は強く生き残っています。

若い人には従いたくないというアラフォー世代以上の方は多いのではないでしょうか。

そういう考えの中途採用者はとにかく年下担当者に横柄な態度、指示を聞かない等といった無駄に自分を尊大に見せる態度で接しようとします。これでは教育担当者も可哀そうですがあなた自身の評価も低いものになりせっかくの転職が無駄になってしまうのではないでしょうか。

実力があれば認められる

f:id:yonjyoudansi:20161027112508p:plain

仕事面でもそうですが人間性が出来ていれば若い人は自然に慕ってきます。逆に教育担当者の「指示を無視した見切り発車」や「横柄な言動、態度」では人は離れてしまいます。

特に今「老害」という言葉が流行っているので年上という理由だけで偉そうにしていると「老害認定」されてしまうでしょう。中途採用者なら尚更です。

転職後は新人という免罪符を会社から頂いている訳ですから仕事が出来る、理解しているというアピールよりも人間関係を深めていく方に注力しても良いと思います。人間関係を形成した後に実力をみせれば周りもあなたの事を認めてくれるのではないでしょうか。

私は特に牛丼屋時代では幅広い年齢層の人間と働いてきたのですが特に年上の人には手を焼いてきました。そのような経験から新しく年上の人間を担当する時はアルバイトとはいえ若い人が多くいるが素直に受け入れなさいという事を強く言ってきました。

経験上ですが自分が新人であるという事を受け入れられる中途採用者はその後も大きく活躍できるし、周りからも慕われています。

これから転職を考えているアラサー、アラフォー世代以上の方は新人になるんだという意識を忘れずに転職活動に励んで頂きたいと思います。


職場にはびこるパワハラにはどう立ち向かう?↓
game40dai.hatenadiary.com



にほんブログ村