アラフォー過ぎてもゲームは楽しい。

40代2児の父親が綴る、好きなゲームや漫画のブログ

ドキュメンタルシーズン2・悪い意味で地上波では見られない内容だった

こんちは、40男子です。
昨年末からアマゾンプライムにて放送されているドキュメンタルのシリーズの最新作ドキュメンタルシーズン2が先日、完結しました。

私はこのドキュメンタルを視聴する為だけにアマゾンプライムに加入したんですよね。

で、今回のシーズン2なんですが結論から先に言うとシーズン1の方が刺激的だったなって感じ。シーズン2は悪い意味で地上波では見られない内容だった気がします。

シーズン2が笑えないかって言えばそういう訳ではないんだけど、今回はドキュメンタルシーズン2の視聴感想を書いていこうと思います。

ネタバレ含む為、まだ視聴途中の方やネタバレNGの方はバックでお願いします。

f:id:yonjyoudansi:20170525124306j:plain

目次

ドキュメンタルとは

まずドキュメンタルはアマゾンプライム加入者のみが視聴可能なお笑い番組です松本人志さんがプロデュースしています。

内容は10人の芸人が各自100万円を用意して参加して最後まで笑わなかった芸人が各自が持ち寄った参加費1000万を総取りできるというお笑いサバイバルです。

芸人たちは身銭を切って参加費100万を払っているので簡単に負けるわけにはいきませんし勝ち負けのはっきりしたサバイバルなので誇りをかけて勝ちに行きます。

己のプライドをかけて相手を笑わせなければいけませんし生き残るために笑ってはいけません。

この過酷な状況下で生き残る為には相手を笑わせる攻撃力と相手の芸で笑わないという防御力が必要になってくるのです。

閉鎖空間で繰り広げられる芸人たちのお笑いサバイバル。極限状態から生み出される狂気の笑いがドキュメンタルの見どころとなっています。

シーズン1との変更点

前回同様に今回も制限時間が設けられています。ただしシーズン2では制限時間内で勝負がつかなければ獲得したポイント(笑わせた回数)によって優勝者を決めるルールが追加されました。

優勝賞金についても変更がありシーズン2からは参加者が用意した総額1000万+松本さんが用意した100万円の計1100万円が優勝賞金として用意されています。この事により優勝者は1000万がまるっと懐に入る事になります。

参加者

シーズン1ではTVではあまり見かけないようなマイナーな芸人さんが多く参加されていましたがシーズン2ではTVでみかけるような有名どころを揃えてきたなという感じです。シーズン1が好評だったから予算が増えたのかなって感じです。

シーズン2の参加者はこちらです。

ジミー大西
宮川大輔
藤本 FUJIWARA
日村 バナナマン
児島 アンジャッシュ
吉村 平成ノブシコブシ
斎藤 ジャングルポケット
大島 森三中
津田 ダイアン
小峠 バイきんぐ

なかなか豪華なメンバーですよね。私的に知らなかったのは津田さん位でしょうか、あとはどこかで見た事ある顔ぶれでした。

感想

で、この豪華メンバーで繰り広げた今回のシーズン2ですが冒頭でも述べたように1の方が面白かったというのが個人的な感想。

なんでかっていうと参加費100万円という一般的に考えれば大金を容易く捻出できちゃうようなレベルの芸人さんたちだから参加費に対する執着ってあんまり感じなかったんすよね。

各芸人さんたちの参加へのモチベーションってお笑い芸人としてのプライドみたいなものを語っている参加者が多かったように思えますがその割には何っていうか…

下ネタメインじゃん!?

って印象で結局、お笑いのプライドみたいなのって体を張るもたいなトコにいっちゃうのかなって。身体を張ってもいいけど方向性が裸芸とか下ネタが多くて、確かに地上波ではみれない笑いだけど私が期待した笑いはそういうんじゃないかなって。

下ネタがつまらない訳じゃないんだけどね。

あと参加者たちが視聴者よりも松本さんに媚びてるなって印象も受けましたね。

参加者たちが笑わすべきは視聴者じゃないの?

松本さんがレジェンドすぎて松本さんにウケる笑いが真の笑いみたいな空気を番組から感じました。

この辺りが前作よりつまらなくなったと感じた理由かな。

でもつまらないばっかりじゃなくて面白い所もたくさんあって、芸人の素の部分を見れたのがよかった。

人間的な部分というか表舞台では見れない芸人同士のやりとりとか優しさとかね。

見てたら小峠さんとか児島さんは優しかった。勝負とは違うトコで見せる人間らしさ。

あーっ、面白いだけじゃないんだ人間らしいんだってだからテレビにたくさん出れて売れてるんだなって。

そういう部分を見れたのが面白かった。

ドキュメンタルは芸人の楽屋を見てるような、そんな面白さと汚さをごちゃまぜにした作品ですね。

夏にシーズン3も予定している様なので、シーズン2からどう進化するのか、良い意味での地上波で見られない内容を期待します。

スポンサードリンク