アラフォー過ぎてもゲームは楽しい。

40代親になってもゲーム・漫画はやめません!

【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨の能力・十二鬼月まとめ

鬼にも心がある、だから震える

人を喰らう鬼であっても、死に際にみせる人間らしさが読み手に余韻を残し心を揺さぶります。

鬼滅の刃の悲しみの元凶【鬼舞辻無惨】についてまとめてみました。

目次



鬼舞辻無惨とは

f:id:yonjyoudansi:20170616082619j:plain

人を鬼に変える力を持ち、1000年以上前に最初の鬼になったと言われています。

一見すると性別は女性に見えますが作中では「男」と語られています。

「最初の鬼になった」は炭治郎の育手である鱗滝の発言ですが「なった」という事は元は無惨も人間だったと推測できますね。

今まで鬼殺隊は無惨と接触・遭遇する事さえも出来ていなかったのですが、ここにきて炭治郎が始めて(無惨との)接触に成功したのです。

鬼殺隊当主「産屋敷耀哉」は無惨を我が一族の汚点と語っており、鬼殺隊・産屋敷は真逆の立場ながらも同族だったのです。

単行本による公式設定では産屋敷家の男は代々「生まれついて身体が弱い」との事なので、産屋敷一族の身体の弱さと無惨が鬼になった理由に何らかの関係があるのではないでしょうか。

月彦

f:id:yonjyoudansi:20170616082648j:plain

月彦には人間の妻と娘がおり商人として人間社会に溶け込んでいます。

鬼の弱点である太陽とは真逆に位置する「月」が名前に入っている事から、無惨が月彦という人間を殺して成りすました可能性よりも初めから月彦として暮らしていた可能性が高いように思えます。

また妻に「商談がある」と言って出かけている場面があります。本当に仕事をしているのかは不明ですが、身なりや立ち振る舞いからは無惨の裕福な暮らしが推測できます。

鬼なのに人と暮らす裕福な無惨と、人間なのに鬼と旅し貧しい家庭で育った炭治郎の対比構造も面白いですよね。

f:id:yonjyoudansi:20170616082719j:plain

近頃では製薬会社の養子として子供の姿で紛れ込んでいる様子も明らかにされました。

無惨には年齢、性別を問わず変幻自在に姿を変える能力があるようですね。

青い彼岸花

無惨は猗窩座に青い彼岸花を探せと指示を出しています。

当初は猗窩座への指示だと思っていましたが、上弦全員への命令だったようです。

しかし現状では上弦でさえも青い彼岸花を見つけられずにいます。

青い彼岸花については詳しい言及は無かったのですが、無惨の目的を考えると「産屋敷一族に関する何か」「太陽を克服する薬」が妥当ですよね。

または誰かを蘇生させる薬という線もあるかなと思えます。

十二鬼月下弦の伍・累との戦いで炭治郎が死にかけた時にみた走馬灯の中に彼岸花が写っていました。

f:id:yonjyoudansi:20180428001454j:plain
画像下部に彼岸花の描写

色はわかりませんがこれが青い彼岸花だとすれば過去に炭治郎は彼岸花を見ている可能性が。

竈門家との因縁

f:id:yonjyoudansi:20170616082749j:plain

主人公の炭治郎が身に付けている花飾りが無惨との過去に因縁をもたせています。

無惨の過去回想で幼き無惨が竈門家に伝わる耳飾りを付けた剣士に襲われている描写があります。

炭治郎の付けている耳飾りは日の呼吸の使い手が身に付ける装飾品の様なので、竈門一家が襲われた事と関係があるのかもしれません。

過去に日の呼吸の使い手に追い詰められた体験があると考えれば耳飾りを付けた炭治郎を執拗に敵視するのも納得がいきます。

無惨が嫌う事柄

f:id:yonjyoudansi:20170616082823j:plain

浅草の街でゴロツキに言われた「青白い顔をして今にも死にそう」の発言に対して激しく癇癪を起しております。(2巻)

「顔色が悪い」「病弱」「長生きできない」と言った鬼の性質と反する言葉を無惨は嫌います。

また上弦たちを無限城に集めた際には老いや衰えなどの変化を嫌う事も言及しています。

後述する無惨の精鋭「十二鬼月」の一人「下弦の伍」を人から鬼に変えた時のエピソードで無惨は病弱な累(下弦の伍)に対して「可哀想に私が救ってあげよう」と発言しています。

f:id:yonjyoudansi:20170616082905j:plain

無惨の残虐非道な性格を考えると「可哀想に」は違和感がありますよね。

しかし本心から鬼にして救ってあげようと考えたとすればやはり何か理由があって鬼を増やしているのではないのでしょうか。

これらの事柄と青い彼岸花は何か関係ある気がしますね。

鬼への対応

自分を慕う鬼に対しても冷酷非情で容赦ない対応をとっており、鬼を殺す事に何のためらいも持っていません。

精鋭部隊とされる「十二鬼月」の下弦に対し「何故に下弦の鬼はそれ程まで弱いのか」と叱咤し「下弦の鬼」の解体を宣言しました。

無惨は鬼が自分に意見する事を許しておらず口答えした下弦をあっさりと葬っています。

一方で鬼が謀反を起こす事を恐れており臆病者と評する者もいます。

f:id:yonjyoudansi:20170616082952j:plain

その事を裏付けるように「全ての決定権は私にあり私の言う事は絶対である。」「私が正しいと言った事が正しい。」「お前は私に指図した。死に値する。」等と独裁的な言葉を発しています。

鬼舞辻の振る舞いに対して下弦以下の鬼達は畏怖していますが、上弦の鬼たちは無惨に叱責されている最中さえも心酔している様子が伺えます。

鬼舞辻無惨の能力

無惨にはさまざまな能力があり現状判明している能力を紹介します。

姿を変える

上述しましたが年齢・性別関係なしに姿を変えて人間社会に溶け込んでいます。

人を鬼に変える

f:id:yonjyoudansi:20170616084524j:plain

傷口から無残の血を浴びると鬼に変わってしまいます。

人間が一度に多くの血を受け入れると細胞が壊れて死んでしまいます。

鬼は多くの血を与えられると能力が強化されるが耐えきれる強さがなければ死に至ります。

上弦の鬼の血にも鬼化させる力がある!?

f:id:yonjyoudansi:20180213144926j:plain
f:id:yonjyoudansi:20180213144954j:plain

上弦の陸・妓夫太郎の過去回想では無惨からではなく上弦の鬼の血を貰って鬼になったと思わせる描写があります。

猗窩座も杏寿郎を鬼に勧誘していたので上弦には人を鬼に変える力を与えている可能性があります。

※上記の点について作中では「人間を鬼に変える事が出来るのは無惨のみ」と鱗滝から言及されています。

鬼を監視する

f:id:yonjyoudansi:20170616083919j:plain

無惨には鬼になったものを監視する能力があります。

姿が見える距離ならば思考を読み取り、距離が離れても位置を把握することが出来るのです。

珠世はこの能力について「鬼舞辻の呪い」と発言しており、呪いを自力で外した鬼は「珠代」と「禰豆子」の2人だけです。

f:id:yonjyoudansi:20170616084513j:plain


※「愈史郎」においては珠世の血によって鬼に変わった為、鬼舞辻の呪いは受けていないと考えられます。

鬼を殺す

f:id:yonjyoudansi:20170616083903j:plain

無惨は直接対峙しなくても鬼を殺せます。

鬼が無惨について話そうとすると呪いが発動し細胞を壊す事ができます。

ある鬼は「無惨」の名を口にしただけで呪いにより殺されました。

鬼も無惨の事について話すと殺されることは承知しており無惨について問われるだけで恐怖に慄いています。

鬼とは

f:id:yonjyoudansi:20170616083958j:plain

無惨に血を分け与えらえた生き物で元は人間です。

人を食べるか無惨に血を分けてもらう事で強くなる。

食べれる人間の量には個体差があり一定量の人間を喰らい無惨に強さを認められると血を分けて貰えます。

鬼は単独でしか行動する事ができない様に呪いがかけられています(鬼同士で群れると共食いが起こります。これは鬼が群れて無惨に謀反を起こさないようにする為と言われている。)

※上弦の肆と伍は共同任務を命ぜられていますが呪いについて何かわかるかもしれませんね。

鬼化すると運動能力が飛躍的に向上し、血鬼術といわれる超常現象を起こす事が出来るようになる。

また受けた傷は立ちどころに治り不死に近い状態になります。

しかし日の光を浴びるか日輪刀で頸を斬られると死に至ります。

※作中ではこの他にも藤の花で作った毒が有効とされています。

他にも藤の花の香りを苦手としており香り袋は鬼避けとして重宝されています。(三巻)

これは藤の花が強い日の光を好む性質が影響しているのではないかと推測出来ます。

鬼から人間に戻す方法は明らかになっていないが戻す方法は存在する。その方法は現状では無惨のみが知っている模様。

鬼になっても人間時代の記憶は消える事はありません。

死に際に人間から鬼になった経緯を思い出す事が多いようです。

また鬼としての姿や行動は人間時代のトラウマやコンプレックスなどが何らかの影響を与えていると推察されます。




十二鬼月下弦

f:id:yonjyoudansi:20170616083036j:plain

鬼殺隊の宿敵であり多くの人間を屠ってきたのが十二鬼月です。

十二鬼月とは上弦の壱から陸と下弦の壱から陸の計12名で構成されていて上弦の壱が最も強く下弦の陸が最も弱いと言われています。

入れ替え戦を行う事で序列を変える事が出来るようです。

f:id:yonjyoudansi:20170616083053j:plain

十二鬼月には目に対応する番号が彫られています。

上弦は両目に番号が刻まれていますが下弦は片目しか刻まれていません。

十二鬼月の序列は厳しく下弦は上弦に蔑まされています。

上弦のメンバーは113年もの間、顔ぶれに変動はなく鬼殺隊の柱を何人も葬っています。

逆を言うと鬼殺隊は113年間、上弦の鬼を倒せていないという事になりますね。恐るべし上弦の鬼…

f:id:yonjyoudansi:20180219085529j:plain

いよいよ本誌では上弦の月がその全貌を明らかにしました。

鬼殺隊との全面戦争は近い!?

下弦の弐・参・肆・陸

f:id:yonjyoudansi:20171009201629j:plain

下弦の伍である累が鬼殺隊に討伐された事を知った無惨が下弦の弱さに激高し下弦の壱を残して殲滅させています。

下弦の伍…累

f:id:yonjyoudansi:20171009201648j:plain

人間から鬼に生まれ変わった後に両親を殺害。その事が原因で家族の絆に餓え自分より弱い鬼を集めて家族ごっこをしています。

炭治郎と禰豆子の兄妹の絆に触れ禰豆子を自分の家族に引き入れようとするも拒否され、鬼殺隊・水柱「冨岡義勇」に瞬殺されました。

死に際、塁は両親の親心に気付き両親と3人で地獄へ罪を償いに行った。

下弦の壱…煙霧

f:id:yonjyoudansi:20171009201640j:plain

下弦で唯一、鬼舞辻より更なる血を与えられパワーアップを果たす事に成功します。

列車と融合し乗客を食べ続けた後に上弦との入れ替えを画策していましたが、炭治郎たち鬼殺隊の手によって討伐されました。

血気術を使って自らも人間の夢に入り込み核を壊す事できるのですが、人間を唆して炭治郎たちの核を破壊する計画を実行します。

炭治郎に頸を切られた際、「自分の無力さ」と「上弦との格の違い」を悪夢と嘆きながら消えていった。

煙霧の最期は作中では珍しく救いの無い終わりでしたね。

十二鬼月上弦

闇を統べる鬼たちのエリート集団。

他の鬼たちと違い無惨の振る舞いに恐れる事はなく、完全肯定のイエスマンたちともいえる。

上弦の陸…堕姫(梅)・妓夫太郎

f:id:yonjyoudansi:20171009195945j:plain

永きに渡って花街に潜み美しい遊女を食べ続けた堕姫。

堕姫は人間時代の名を「梅」と言い母が患っていた病気(梅毒?)から付けられた名前との事です。

美しい姿と強い柱を7人葬った事で鬼舞辻の寵愛を受けており堕姫はその事を誇りに思っていました。

本体とは別に遠隔で着物の帯を操る血気術を使い美しい遊女を地下にある食糧庫に保管しています。

食糧庫に保管した遊女の中に音柱「天元」の妻が2人含まれている事から鬼殺隊に鬼の存在を疑われ花街への潜入調査が始まります。

妻の捜索に来た音柱・宇髄天元の前に堕姫はなす術もなく圧倒されますが追い込まれた堕姫の体内から兄の妓夫太郎(ぎゆうたろう)が姿を現します。

f:id:yonjyoudansi:20171204151056j:plain

妓夫は堕姫とは比較にならない程に強く、天元の力を持ってしても互角以上に戦い、兄の妓夫太郎一人で過去に柱を15人も葬っている。

f:id:yonjyoudansi:20171204151105j:plain

妓夫太郎は両手に鎌状の武器を持ち、血気術は追尾機能の備わった猛毒入りの血鎌を飛ばす事ができます。

また兄が完全に起きると堕姫の額に第三の目が現れ兄妹で強力な連携攻撃を繰り出してきます。

堕姫を倒すには兄の妓夫太郎と堕姫の両方の頸を同時に切り落とさす必要があります。

激選の末に炭治郎と天元が兄を、善逸と伊之助で妹の頸を斬る事に成功すると死に際に太郎と梅はお互いを激しく罵り合います。

炭治郎に「兄妹の罵詈雑言は本心でない」「兄妹だけは仲良く」と窘められながら妹・梅は消滅します。

消えた梅を見て兄・太郎は幼き頃の梅を思い出します。

育てたのが俺じゃなかったら妹にはもっと別の(幸せな)人生があったのではないかと。

地獄への暗い道を進む最中に太郎は梅と再開します。

「お前など妹ではない」「俺とは反対の明るい道を行け」と追い返します。

太郎の行く道は地獄、しかし梅は「いつも一緒にいるって約束したじゃない」と泣きながら太郎にしがみつき兄の背中におぶさります。

許される事の無い兄妹は二人揃って地獄へと足を踏み入れたのです。

上弦の伍…玉壺(ぎょっこ)

f:id:yonjyoudansi:20180219102255j:plain

壺の中に潜み、目や口の位置が滅茶苦茶でいわゆる妖怪に近い姿をしています。

登場時に「猗窩座様が死んだのかと思った」と毒づき、過去に童磨に壺を送った事があります。

f:id:yonjyoudansi:20180409090350j:plain

壺に近づいた人間を取り込み食べてしまう。

鬼殺隊の刀鍛冶の里の場所を探り当て半天狗と共に壊滅に向かう。

上弦の肆…半天狗(はんてんぐ)

f:id:yonjyoudansi:20180219102311j:plain

玉壺と共に鬼殺隊刀鍛冶の里へ侵入し里の壊滅を目論む。

般若のような風貌で「不吉」「恐ろしい」などネガティブな発言が多く一見弱そうだが気配の隠し方が巧妙。

また霞柱・無一郎の斬撃を難なく躱す俊敏性を持ち合わせる。

f:id:yonjyoudansi:20180416084419j:plain

更に半天狗も堕姫の様に分裂型の鬼であり、鬼滅条件は不明だが頸を斬ると分裂して若返るという特性を持っている。

何体まで分裂できるのかは不明ですが喜怒哀楽の4体に分裂した時が強さのピークでそれ以上に分裂すると弱くなります。

積鬼(せきど)
f:id:yonjyoudansi:20180416084411j:plain

名前の通り怒りの感情を前面に出した言動が多い。

もっている錫杖は雷を呼び起こす。

可楽(からく)
f:id:yonjyoudansi:20180416084403j:plain

可楽は楽の言動が多く楓の葉の様な大きな扇を武器としている。

その扇を軽く振るだけで突風が吹き無一郎を遥か彼方へ吹き飛ばしてしまった。

喜(名称不明)

喜びの感情をもつ半天狗は翼を生やし宙を舞う事を可能とした。口から音波の様な攻撃を繰り出す他、斬った箇所から自分の顔を生やす事も出来るようだ。

哀絶(

愛の感情を持つ半天狗は槍を使い戦う。

上弦の参…猗窩座(あかざ)

f:id:yonjyoudansi:20171009194452j:plain

f:id:yonjyoudansi:20171009194500j:plain

圧倒的な戦闘力をもつ上弦の鬼です。

戦闘狂で弱者を嫌い、強い人間を鬼の世界へと勧誘します。

炎の柱「煉獄杏寿郎」の強さも認めており鬼の仲間に誘うも拒否されます。

そして激闘の末、煉獄を葬っています。

無惨に対しては絶対服従であり一切の反抗心・反逆心を持っていません。

「青い彼岸花」を探す命を無惨より受けています。

現実に存在する植物アカザが名前の由来?

アカザという植物が実在しており、強い太陽の光を苦手としているのも面白いですよね。

出典:アカザ (植物) - Wikipedia

上弦の弐…童磨(どうま)

f:id:yonjyoudansi:20180219102321j:plain

宗教の教祖を務めている陽気な鬼。

猗窩座を(入替戦により?)追い越して上弦の弐の座に就いた。

鬼同士の入れ替え戦を考慮すると鬼殺隊は過去一人も上弦を倒せていない気がします。

振る舞いは陽気で楽観的で慣れ合うような言動、発言をしています。

100以上年前に妓夫太郎を鬼の世界に招いた鬼で当時の格付けは上弦の陸でした。

猗窩座に対して「前よりも少し強くなった」の発言から(猗窩座と)戦ったことがあると推測されます。

またこの発言に対して猗窩座がキレている事から元々は猗窩座より下の階級だった可能性も考えられます。

上記については童磨の口から「猗窩座の後から鬼になったのに追い越した」旨の発言があった事から元々は猗窩座より序列が下だったが入れ替え戦によって立場が変わった事が裏付けられました。

本人いわく探知は苦手で青い彼岸花を探すのが難航しています。

上弦の壱…黒死牟(こくしぼう)

f:id:yonjyoudansi:20180219102357j:plain

口数がすくない剣士風の鬼で他の上弦にも気づかれない程に気配を消すことが出来ます。

六つの目と顔に日の呼吸の痣がついていて圧倒的な強キャラ感がにじみ出ています。

猗窩座の力を持ってしても童磨、黒死牟には敵わない様で壱と弐の圧倒的な実力が伺えます。

猗窩座の腕を瞬時に切り落としています。

炭治郎の夢に黒死牟に似た剣士が出てきたことから竈門家との関りがありそうですが...

ちなみに「牟」という漢字には奪うという意味があり「(自分の)死を奪う=不死」または「国司(権力)を奪う」という事なのかもしれません。

新月と満月

f:id:yonjyoudansi:20180219102333j:plain

上弦・下弦とくれば新月と満月がいてもおかしくないですよね。

予想ですが「満月=無惨」「新月=琵琶女」ではないかと推測されます。

新月とは地球から月が見えない状態です。琵琶女も十二鬼月の象徴である目が隠れています。


現状、判明している無惨の能力や鬼たちについてまとめてみました。今後も随時更新していきます。

本誌では上弦の月も登場し新たなる局面に向かっていて早く続きが読みたいですよね。異色の傑作「鬼滅の刃」は現在、単行本1~9巻まで絶賛発売中です。

スポンサードリンク