アラフォー過ぎてもゲームは楽しい。

ゲームや漫画と健康そして家族の話し

少年ジャンプが捨てられないあなた。電子版に切り替えませんか。

電子版ジャンプの三大メリット

f:id:yonjyoudansi:20170705181209j:plain

2017年に入り週刊少年ジャンプの発行部数が200万部を切った事が話題になりました。

「NARUTO]「BLEACH」「こち亀」「トリコ」などのジャンプを支えてきた人気漫画の終了の伴いジャンプの発行部数は目減りしている状況です。

それでもまだ200万弱のジャンプが毎週月曜日の朝コンビニ・書店に並んでいる事の方が驚きでした。

それは私が紙媒体のジャンプよりデジタルで読めるジャンプの方が優れていると思っているからです。

それでは「電子版少年ジャンプ」の優れた機能性についてご説明します。

目次

買う場所と時間を選ばない

f:id:yonjyoudansi:20170705181221j:plain

電子版ジャンプはデジタル配信される為、お店に買いに行く必要がありません。

悪天候で外に出たくない時」「体調不良で表に出られない時」「ジャンプをお店で買うのが恥ずかしくなってきた時

電子版なら、どんな時でもあなたのスマホに配信されます。

購読すれば毎週月曜日の朝、起きてベッドに入ったままジャンプを読むことができます。

これだけで週明けの憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれるのではないでしょうか。

読みたいときにいつでも読める

f:id:yonjyoudansi:20170705181309j:plain

ジャンプに限らず漫画雑誌って重くてかさばりまるので持ち運びが大変です。

通学カバンや営業カバンには多くの教科書や営業資料がつまっているでしょう。

そのカバンの中に少年ジャンプをしまったら重いカバンがさらに重くなって大変です。

デジタル版なら「友情」も「努力」も「勝利」さえもデータとして重さ0で持ち運びが出来ます。

最新号だけでなく過去にデジタル版で買ったすべてのジャンプを持ち運び出来ます。

アプリ内の本棚を開けば過去に購入したすべてのジャンプ・ジャンプコミックがいつでもどこでも読めるのです。

f:id:yonjyoudansi:20170705181242j:plain
アプリ内の本棚に購入した全ての漫画を保管できます


読み終わっても処分に困っても捨てる手間も省けます。

電子版は場所をとりません。

物理的にジャンプの保管が難しくなって泣く泣く捨てる事もありません。

いつでもジャンプはあなたのすぐそばにいるのです。


定期購読でお得に買える

紙媒体の週刊少年ジャンプは定価255円です。

特別定価がつけられ255円で買えない事もあります。


f:id:yonjyoudansi:20170705181328j:plain

しかし電子版なら250円で購入できます。

電子版は特別定価で販売された事は今までありません。

定期購読で購入すると一ヵ月900円で購入できます。

毎週、買う人なら100円以上お得になる計算です。

気を付けなければいけない事もあります。

1月・5月・8月・12月のように合併号が発売される月は3週しか発行されない事があります。

この場合1冊の単価は300円に上がります。

しかし年単位で購入する人には得になる価格設定です。

ジャンプを買い続ける人のお財布にジャンプは優しいのです。

デメリット

電子版のデメリットもあります。

サイズが小さい。

画質は良いですが画面が小さいと読みにくく感じる事もあると思います。

フラゲが出来ない。

電子版は決まった日時に配信される為、紙版のようにフラゲは出来ません。

スマホ等のデジタル機器がないと見れない。

帰宅途中で充電が切れると購入していても見る事はできません。

まとめ

私は長い間、紙のジャンプを購入していたので紙版の良さも知っています。

しかし電子版に変えてしまった今となっては紙に戻る事は出来ません。

お店へ買いに行く必要がなく」「持ち運びが便利で場所を取らずに」「安く購入できる

あなたはいつまで紙のジャンプを消耗してますか??

デジタル版ジャンプを試してみませんか??

スポンサードリンク