読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー過ぎてもゲームは楽しい。

ゲームや漫画と健康そして家族の話し

【人気漫画アプリジャンププラスを徹底紹介】定期購読でお得に読める!無料漫画も毎日更新!

こんちは、40男子です。
私は「ドラゴンボール」「スラムダンク」「幽遊白書」等を掲載していた黄金期からその後、発行部数を大きく下げた「暗黒期」と言われる時代、そして今に至るまでジャンプの購入を絶やした事がありません。

しかし最近、ジャンプをコンビニや書店などで購入する事に抵抗を感じるようになってきました。

簡単に言うと「いい歳してお店でジャンプを買うのが恥ずかしくなってきた。」という事です。


そうは言ってもジャンプ自体に興味が無くなった訳ではないのでジャンプを読まないという選択肢はありません。

単行本でまとめ読みも考えましたが、つねに物語の最先端をいち早く読みたいので週刊雑誌としてのジャンプに魅力があるのです。

以上のような思考の流れから導きだされた最適解は電子書籍でジャンプを購入するという事でした。


そこで私はジャンプの電子書籍版であるジャンププラスを利用する事に踏み切りました。

本稿ではジャンププラスって何?という所から雑誌と電子版の違い、メリット・デメリットなどを紹介していきます。
(記事中では雑誌・週刊少年ジャンプをジャンプ・電子書籍をジャンププラスと記載しています)

目次

スポンサードリンク


ジャンププラス期待の新連載
www.40-game-life.com
www.40-game-life.com

ジャンププラスってジャンプと何が違うの?

f:id:yonjyoudansi:20170216232741j:plain


ジャンププラスがジャンプの電子書籍版という認識を持っている方は多いと思います。しかし、正確にはジャンププラスはジャンプをネット配信しているだけではありません。

ジャンププラスにおけるジャンプの電子版は有料コンテンツの一つであってジャンププラスの全てではありません。

この点について大きく勘違いしている方は多いと思います。(私も勘違いしていました)

ジャンププラスにはジャンプでは読めない漫画が多数連載されています。連載作家はかつてジャンプで活躍していた作家さんから新進気鋭の新人作家に至るまで多数取り揃えており、またかつてジャンプで人気を博していたレジェンド漫画も掲載されています。

ジャンププラスにはWEB版とアプリ版がある

ジャンププラスにはWEB版とアプリ版があります。WEB版もアプリ版も掲載されている漫画は同じですがアプリ版にはジャンプコインを使って掲載を終了した漫画を読む機能がついています。

WEB版ではジャンプコイン機能がついていないので掲載を終了した漫画を読む事ができません。

また個人的な感覚ですがアプリ版の方がWEB版よりページをめくるのがスムーズです。WEB版はページをスライドさせる際にひっかかるような感じがあり使い勝手がよくありません。

まだ使い始めて日が浅いので断言は出来ませんがアプリ版の方が機能が充実していて使い勝手も良いかと思います。またWEB版は通信圏外では利用出来ません。

ジャンプコインとは

ジャンププラスで連載されている漫画は基本的には最新話を含む過去3話までは無料で読むことが出来ますがそれ以前に掲載された回については閲覧制限が設けられています。閲覧制限はジャンプコインを使って解除する事ができます。

過去回については1話につきジャンプコイン30コイン分が必要です。ジャンプコインは1コイン1円で販売されているので過去回は1話30円という計算になります。コインを使って過去作を読める期間は「コインを使った後にビューアを開いている期間のみ」です。

つまりアプリを閉じてしまうと同じ話が読みたくなった場合は再度コインを消費する必要があるので注意が必要です。ただしコインについてはジャンププラスのアプリ内にある条件を満たせば無料で貰うことも出来ます。

※本記事に記載されている全ての内容はあくまで管理人の体験に基づく感想です。ジャンププラス利用上の注意点や利用規約についてはジャンププラス公式サイト内にあるヘルプページをご覧ください。
少年ジャンプ+ヘルプ

ジャンププラスは無料で面白い漫画が毎日更新

まだ読み始めたばかりなので何が面白いとかは把握しかねていますがジャンププラスでは毎日、無料で漫画を更新しています。その中で私が読んで面白いと思った漫画を紹介します。

2月23日に発表されたうすた京介漫画賞準大賞の作品が面白すぎる!!
www.40-game-life.com

彼方のアストラ

ジャンププラスに掲載されているマンガの中で最高に面白いのがこの彼方のアストラです。作者はスケットダンスの篠原健太先生でまだ第一話しか読んでいませんが爆笑もの傑作です。

男気あふれる主人公とドジっこヒロインの宇宙漂流漫画ですがテンポ良い会話はボッスンと姫子の掛け合いを思い出させてくれます。

至る所に溢れるセンスある会話とギャグの応酬で抱腹絶倒間違いなし、電車内で読むときは吹き出し注意の作品です。

単行本も2巻まで発売されており正直買ってもいいレベル。

f:id:yonjyoudansi:20170216230556j:plain

終末のハーレム

よくウェブのバナー広告でも見かける漫画ですが、たった5人しか男性がいない世界で女性は50億人いるという設定で女性は男に飢えている様な描写もあるエロ要素の高い漫画です。

設定の発想が中学生ですが読んでいてなかなか面白く画力も比較的高いので読める漫画だと思います。

f:id:yonjyoudansi:20170216230609j:plain

とんかつDJあげたろう

これも3話しか読んでないのでなんとも言えませんが最新話では渋谷でとんかつ屋を大集合させたグルメイベントと音楽イベントをコラボさせて盛り上がる様がなんともシュールで笑えます。

DJ同士のやりとりにも熱いものがありジャンプした漫画だなと思いました。

f:id:yonjyoudansi:20170216230628j:plain

ボボボーボ・ボーボボ

古くからのジャンプファンにはご存じレジェンド漫画ですが現在ジャンプコインを使って読むことができます。(1~3話までは完全無料)まだ読んだことの無い人はぜひ読んで欲しい。

連載されていたのはかなり昔ですが古臭さを全く感じさせない伝説のギャグ漫画です。

f:id:yonjyoudansi:20170216230643j:plain

その他にも新人作家の漫画や過去にジャンプで連載を持っていた作家さんの漫画などを一部無料で楽しむ事ができるのでアプリをDLしても損はないと思います。

うすた京介漫画賞副大賞はこちらから
www.40-game-life.com


スポンサードリンク



週刊少年ジャンプ・雑誌と電子書籍版では金額的にどっちがお得なの?

f:id:yonjyoudansi:20170216233159j:plain

ジャンププラスについては一通りご説明しました。それではここからジャンプ本誌について雑誌と電子版ではどうちがうのかをご紹介していきます。

まずはコスト面からみていきましょう。

電子書籍版のジャンプは一冊250円、定期購読する場合は月額900円で利用する事が出来ます。

雑誌で購入する場合は定価250円なので毎回一冊づつ購入した場合金額的なメリットは殆どありませんが定期購読した場合は基本一か月あたり購入うる金額に差が生じてきます。

ジャンプはGW・お盆・年末年始等は合併号が発行されるため、定期購読した場合は月によっては電子書籍版の方が高くなってしまう事もあります。

ジャンプ発行回数が3回の月

雑誌    250円*3冊=750円
定期購読       900円

合併号が販売される月は雑誌で購入した方が150円得。

ジャンプ発行回数が4回の月

雑誌   250円*4冊=1000円
定期購読       900円

通常の4回発行月であれば電子書籍が100円得

ジャンプ発行回数が5回の月

雑誌   250円*5冊=1250円
定期購読       900円

5回の発行月であれば350円分電子書籍がお得になる。

続いて年単位で購入した場合(1年52週・48回発行された場合)

雑誌   250円*48冊=12000円
定期購読 900円*12月=10800円

定期購読した場合、年間で考えると電子書籍版は雑誌で購入するより1200円(雑誌約5冊分)お得になります。

短期で考えたり毎号購入しない場合は雑誌で買った方がコストはかかりませんが長い目で見れば電子書籍で定期購読した方がコスパは良いですね。

※雑誌で購入する場合は特別定価で販売される事もある為、実際には表記した金額より上がると考えられます。

f:id:yonjyoudansi:20170216232433j:plain

WEB版とアプリ版の定期購読期間の違いについて

上述したように金額面では定期購読した方が毎週お店でジャンプを購入するよりもお得になるとお伝えしましたがWEB版とアプリ版では定期購読した際に購読期間が変わってきます。

WEB版は課金した月が定期購読対象期間になりますがアプリ版は課金した日から向こう1か月が購読期間となります。

ウエブ版→2月15日に課金すると2月に発売されるジャンプと前月最終週に発売されたジャンプを読むことができる。

アプリ版→2月15日に課金すると2月15日から3月15日までの間に発売されるジャンプを読むことができる。

※購入したジャンプについては購読期間や退会後も読むことができます。

ジャンププラスを使って無料漫画を読む場合はアプリ版の方が機能が充実していて利便性が優れていますが、電子書籍でジャンプを購入する場合はアプリ版よりWEB版の方がお得に感じます。

私は定期購読はWEB版を使って無料漫画はアプリで読んでいます。

ジャンプの雑誌版と電子版では何が違うの?

金額的には長期的に購入することを考えれば電子版にお得感がありますがコンテンツしての使い勝手などを個人の感想として記載していきます。

連載漫画について

雑誌と電子版とで掲載されている漫画については違いはありません。巻末の目次を読む事も企画記事を読む事もできます。以下公式HPより引用

収録マンガに違いはございません。紙の雑誌に掲載される全てのマンガが電子版にも収録されています。また、週刊少年ジャンプ電子版では毎号1作品を通常のモノクロ版に加え、フルカラー版でも配信します。
週刊少年ジャンプには記事や作家コメントも収録されていますが、一部の古いバックナンバーでは未収録となっております。
※電子版では、綴じ込み付録・シリアルコードなど一部未収録となっている内容があります。
※収録されている懸賞などは紙版の企画であり、電子版では一部ご応募頂けないものがございます。

公式HP
少年ジャンプ+ヘルプ

また電子版では雑誌版にはないオールカラー枠が1枠あります。2017年2月16日現在オールカラー枠として「ゆらぎ荘の幽奈さん」が指定されている様です。

私は幽奈さんは単行本で収集するほどのファンなので毎週カラーで幽奈さんが読めるのは嬉しいです。(電子書籍版でもぼかしは解禁されていません。ボカシ解禁は単行本だけ)

f:id:yonjyoudansi:20170216231749j:plain
カラーで読むと漫画の魅力がより伝わってきます


幽奈さんをおすすめしたガチ記事はこちら
http://www.40-game-life.com/entry/yuragisounoyuunasanmatomewww.40-game-life.com

読みやすさは?

読みやすさで言えばスマホで読むより雑誌で読んだ方が断然、読みやすいと思います。

スマホの画面は小さいので迫力という点でも雑誌には敵わないと思います。視力が低かったり小さい字を読むのが苦手な方は拡大して読む事も可能ですが、雑誌の方が読みやすい事には変わりないと思います。

特に見開きページの場合も1ページづつしか表示されないので迫力という点においては電子書籍ではいまひとつ伝わりません。

私の好きな火の丸相撲は大ゴマあり、見開きもあるので漫画のもつ決めゴマの魅力という点において電子書籍では若干のマイナスがあるかなと思います。

f:id:yonjyoudansi:20170216231154j:plain
f:id:yonjyoudansi:20170216231722j:plainf:id:yonjyoudansi:20170216231711j:plain


写真では分かりにくいですが見開きページを雑誌でドーンと見るのとスマホ画面で一ページずつ見るのでは迫力が違います。

ただし電子書籍版は印刷状態や雑誌の状態に左右される事もなく一定基準を超えた綺麗な画像で見る事ができる点は評価できます。

また読みたい漫画をタップするだけで読めるのでパラパラとめくって漫画を探す必要もないのも良いと思います。

持ち運びについて

電子書籍版の優れている点で大きく勝っているのがコンパクトさです。満員電車の混雑時に雑誌を広げれば迷惑ですが片手でスマホを見る分にはあまり迷惑もかけません。

しかも傍目には何を読んでいるかは分からないため、「おっさんがジャンプ読んでいるよ(くすくす)」のような周りの目を気にする必要も無く、通勤電車でも堂々と読む事が出来ます。

ジャンプは意外に重いし嵩張るのでわざわざ持ち運ぶ必要がないのも地味に嬉しいですよね。

また読み終わったジャンプの処分に困っている人も多いのではないのでしょうか。家は狭いのに読み終わったジャンプがスペースをとってしまいます。

また読むかもしれないので直ぐに捨てる事も出来無い為、購入から数か月経ってようやく捨てているのが現状です。その点、電子書籍は半永久的に保存する事が可能で場所もとらず、いつでも読むことが出来るのは大きなメリットです。

わざわざ買いに行く必要がない

これも電子書籍の大きなメリットだと思います。発売日当日の朝5時ころ最新のジャンプが更新されるとの事なのでわざわざコンビニや書店に行く手間が省けます。

私の今までコンビニでジャンプを購入していたのですが電子版に変えてからコンビニに寄る必要が無くなりジャンプ以外の無駄な買い物もしなくなるなど節約にも一役かってくれています。

ただし更新時間は決まっている為、発売日よりも先に買う事はできないのが難点といえば難点かもしれません。

スポンサードリンク


まとめ

ジャンププラスはジャンプには掲載されていない漫画も無料で楽しむ事ができるマンガサイトです。

ジャンププラスにはWEB版とアプリ版の2種類ありアプリ版はジャンプコインを使って掲載期間がすぎた漫画も読むことが出来る。

ジャンプコインはアプリ内で条件を満たす事によって無料でゲットできる。

週刊少年ジャンプの電子版を購入して楽しむ事ができる。また電子版は月額900円支払う事によって定期購読する事ができる。

定期購読する場合は月単位で考えると雑誌版よりもコスパが悪くなる事もあるが年単位で考えると1200円くらい安くなる。

WEB版とアプリ版では電子版ジャンプの購読期間が異なるので注意が必要。

雑誌版も電子版も掲載される漫画は同じだが一部シリアルコードや綴じ込み企画等、電子版では掲載されない記事もある。

電子版は見開きページが1ページづつしか見れない為、迫力不足である。スマホの画面サイズによっては見難く感じる場合もある。

雑誌に比べて嵩張らないので電車などでも気兼ねなくみる事もできるし持ち運びに便利である。

毎号1作品、掲載作品のオールカラー枠が設けてある。(現在はゆらぎ荘の幽奈さん)

雑誌を処分する手間が省けて一度購入したジャンプは半永久的に閲覧できる。

雑誌版ジャンプの発売日の朝5時頃に最新号が更新されるため買いに行く必要はなくなるがフラゲも出来なくなっている。


個人的には漫画そのものの面白さや迫力、ページをめくる度にくるワクワクやドキドキは雑誌版の方が大きく上回っているが使い勝手や利便性などは電子版が大きく向上している為、電子版での購入をおすすめします。
年単位で考えればコスパも優れていますが、単品購入しても雑誌版と値段は変わらないので電子版を試して利便性を感じたら電子版に切り替えるのもいいかもしれませんね。

また電子版ジャンプを購入しなくてもジャンププラスには無料で読める漫画が取り揃えられているのでアプリだけをダウンロードするのもアリだと思いました。


※本記事に記載されている全ての内容はあくまで管理人の体験に基づく感想です。ジャンププラス利用上の注意点や利用規約についてはジャンププラス公式サイト内にあるヘルプページをご覧ください。
少年ジャンプ+ヘルプ

スポンサードリンク


幽奈さんまじ好き
http://www.40-game-life.com/entry/yuragisounoyuunasanmatomewww.40-game-life.com

ジャンプまとめ速報が無くなったのでおすすめまとめサイト探してみました。
www.40-game-life.com