アラフォー過ぎてもゲームは楽しい。

40代2児の父親が綴る、好きなゲームや漫画のブログ

コロコロコミックとかいうゲームと顔芸と下ネタが三本柱の子供に人気の漫画雑誌

こんちは、40男子です。
次男も字が読めるようになって漫画の面白さがわかってきたようで去年の暮れ位からコロコロコミックをおねだりされる様になりました。

漫画とは言え文字に触れる事は悪い事では無いとコロコロを買っています、思えば私も小学校時代はコロコロ買ってもらっていたのを覚えています。

私はどっちかといえばボンボン派だったと思います、プラモ狂四郎が載ってる方の雑誌が好きでした。

コロコロはハドソンびいきがすごくてコロコロのゲーム情報にだまされてナッツ&ミルクとかバンゲリングベイとか小学生が遊ぶにはなんともいえないようなゲーム掴まされた記憶があります。

あとコロコロに掲載されていた(と思われる)漫画の中の裏技でハットリくんが巨大化する技があってそれを信じていたような記憶がある。もしかしたらファミマがのウソ技の方かもしれないけど。

ま、それはそれとして次男がしきりに私にコロコロを読んで欲しいと奨めてくるので今回はコロコロコミックの感想を書いていきます。

f:id:yonjyoudansi:20170517204820j:plain

目次

漫画

私は子供が宿題やってるときは自分もゲームをしないで宿題みててあげたりボーっとしたりするんですが、そんな私に気遣ってくれるのか「読んでて良いよ」ってコロコロをスッと差し出してきますwww

正直、この歳でコロコロ読むのは結構キツいんですが積極的にすすめてくるんで読んでます、そして読後の感想をきかれます。

次男は「まじでまじめくん」というのと「でんぢゃらすじーさん」というのがお気に入りで、「まじめくん」の方はいつのまにか単行本が全巻そろっていました。

ストーリー物より分かりやすいギャグマンガが好きみたいです。

まじめくんもでんぢゃらすじーさんも内容はあって無いようなものなのですが、どちらもインパクトのある顔芸と強烈な下ネタで笑いを誘ってきます。

この2作品は大人でも面白さがわかるっていうか子供が喜びそうだなってのがわかります、顔芸のインパクトは実際おもしろいと思うしでんぢゃらすじーさんはモンハンとコラボしてますもんね。

ギャグはダジャレと下ネタの黄金タッグで攻めてきます。まじめくんが「やけくそー」と言いながらうんこが焼けてる絵とかで次男大爆笑www

ホントちょろい子供ですね(笑)

ギャグマンガはホント顔芸と下ネタの怒涛の応酬です。ただ下ネタに関してはエロ目線ではなく、あくまで「ち○こ」と「う○こ」を濃密に絡ませたネタがメインです。

流石に下ネタが「ま○こ」推しだと読ませられないもんね。

ちなみに学校でう○こネタとか女の子に言ったら嫌われるから止めとけってアドバイスしたのですが「もう嫌われている」って返事が返ってきましたw

f:id:yonjyoudansi:20170517204847j:plain

f:id:yonjyoudansi:20170517204920j:plain

f:id:yonjyoudansi:20170517204943j:plain

ゲーム

いまコロコロではスプラ2とスナックワールドを推してるみたいですよね。あとモンハン。

妖怪ウォッチは徐々にフェードアウトしていくんだろうか。今夏発売になるドラクエはコロコロでは特集組まれないから世代継承が出来てないって話題になってますね。

コロコロで特集組まれるってキッズの心をわしづかみする事になるから結構な利権ですよね。

うちの子はドラクエには無反応、同時期発売されるスプラ2をやりたいみたいですが残念な事に子供たちにやらせるスイッチはありません、今のとこ我が家のスイッチは私の分だけです。

スイッチ売ってれば買ってあげてもいいとも思っているけど秋からオンライン有料だしソフトも同じの2本買うとなると負担でかいから結構、懐厳しいかなとも思う。

私が子供の時、両親もこういう事考えてたのかなって思うと感慨深いものがあるよな。自分がよんでた雑誌が子が読んでるってすごい事だと思う。

まとめ

大人になって気づいたんだけどコロコロっていわば小学生のカタログですよね。

子供の頃は気付いてなかったけどコロコロって大人たちが子供に買わせたいものを掲載しているんですよね。それ読んだ子供があれ欲しいこれ欲しいってなる訳で。

妖怪ウォッチなんかもコロコロ発なのかな?今はスナックワールドが載ってるけど、流行りものって突然、流行る訳じゃなくて誘導されて流行っているんだーって事が子供をもって初めて分かりましたwww

メディアってすごいねって感じです!!

積極的に読ませたいって漫画雑誌ではないけど、子供目線を知るという意味では大人が読むのも良いかもしれないと思いました。

スポンサードリンク


www.40-game-life.com
www.40-game-life.com
www.40-game-life.com