コンビニのエロ本よりパチンコ雑誌が消滅してほしい

私が思う害悪なコンビニ雑誌

こんな記事を読んだ。

実際コンビニや一般書店からエロ本が完全に撤去されてもオタクは何も言わないと思うんだよね

「え?エロ本がコンビニで買えなくなるの??」

一瞬うろたえたがエロ本なんてもう何十年も買ってないので特にどうでもよかった。

エロ本を子供にみせたくない気持ちはわかるけど小学生の大半はエロが理解できない気もする。

中学生になり同級生の間で「ま〇こ」(陰部の事)という名称が囁かれ始めたころ私は「ま〇こ」がどの部位を指しているのか分からず乳首の事だと思ってちょっと恥ずかしかった思い出がある。

だからという訳じゃないけどエロも中学生くらいになれば多少は触れておいて損はないかなと思っている。

家にはさり気なく「ゆらぎ荘の幽奈さん」転がっているが残念ながら子供が読んだ形跡はない。

www.40-game-life.com

それよりもパチンコ雑誌(スロ雑誌含む)が何よりも害悪だと思っている。

販売規制をするならエロ本よりパチ雑誌だろと。

目次

パチンコ雑誌が害悪な理由

エロ本を規制したい人と同じ様な理由なんだけど情報を視界に入れたくない、ただそれだけ。

私は元々はパチンコ依存だったんだけど今の嫁さんと知り合って脱パチンコを決意。

以後、「パチンコしない」という鉄の意志と生活にパチンコを介在させる余地のない行動ルーティーンを作り上げて依存を克服しました。

やめると決意してからやらなくても平気になるまでに1年を要した。

ただパチンコ依存症を完全に消滅させる事ができた訳ではなく封印しているだけ。

NARUTOの尾獣みたいなもので心の中に潜んでいて、こちらの様子を伺っている。

ちょっとしたゆるみをついては「パチンコしようぜ」と囁いてくるのである。

パチンコ雑誌の表紙がそのきっかけとなる事が多い。

表紙を見て直ぐに…という訳でなく後日何気なしに囁くのだ。

例えば昔よく遊んでいた機械の続編がリリースされた時、パチンコ依存症が私を手招きしているのである。

ツインエンジェルの続編がリリース

7月頃、この情報をみてしまった時もの凄い葛藤がうまれた。

ツインエンジェルシリーズは私が知りうるパチスロの中でも名機に属するマシンである。

「爆発力に頼らないゲームシステム」「美麗な出目」「キャラクターと演出の整合性」全てが完璧に近くそれでいて「獣王」「北斗の拳」「吉宗」「番長」の様にホイホイと新作は出ない。

そんなツインエンジェルの新作が満を持しての登場である。

「ツインエンジェルの新しい奴うちてええええええええええええええ」

となるのは必然。

でも私は我慢した。

パチ屋の椅子に座りかけるトコまでサンドに万札が伸びるトコまでいったが我慢して帰宅。

綱渡りのせめぎ合いを制する事が出来た。

家庭を持つ者としての責任感や嫁さんへの愛情が依存症に打ち勝った瞬間だった。

知らない方が幸せ

ネットはなんでも調べられるが「君子危うきに近寄らず」で調べなければ済む事だ。

しかしコンビニの雑誌コーナーには近寄らず生活する事は難しい。

陳列されたパチンコ雑誌(の表紙)からは知りたくもない情報が勝手に入ってくる。

ツインエンジェルの一件で今後もパチる事はほぼ無い事を確信できたがそれでもやっぱりパチンコ雑誌は消えて欲しいと思う。


www.40-game-life.com

↑代わりにゲーム熱が再燃しているのですがw

スポンサードリンク


www.40-game-life.com


スポンサードリンク