アラフォー過ぎてもゲームは楽しい。

40代親になってもゲーム・漫画はやめません!

【スイッチ】ゼノブレイド2が難しい、合わない人へのアドバイスなど

ゼノブレイド2にハマっています。

f:id:yonjyoudansi:20180222113341j:plain

私はハマりましたがSNSなどのネットを巡っていると早い段階で「ゼノブレ2が合わない」と言ってる人を多く見かけました。

ゼノブレイド2は人を選ぶゲームです。

私自身は現時点で4話まで終わっていて、プレイ時間にすると40時間は遊んでいます。

200時間かけてクリアしました。クリアするだけならもっと早くできましたが寄り道、寄り道で結構な時間を要しました。

クリア後もチョコチョコと遊んで今度配信される周回プレイに備えています。

目次

スポンサードリンク


唐突に感じるストーリー展開

遊んでいると展開が行き当たりばったりに感じる事が少なからずあります。

これには任天堂公式HPの開発者インタビューで「主人公(レックス)が知りえる情報以外はプレイヤーも、ほぼ知りえない」という視点で物語が進むからです。

プレイヤーは自分以外のキャラの思惑や動向などの情報が殆ど入ってきません。(後半はそこそこ敵キャラ視点も描かれていました)

その為、敵側のバックグラウンドが見にくい為、物語が唐突に展開している様に感じて面白くないと感じるのかなと思いました。

漫画で例えるとキン肉マンを読んでいるような感じです。

ONEPIECEの様に敵側の動向をチラ見せしながら伏線を回収してロングスパンで盛り上げるのではなく、キン肉マンの様にその回その回で見せ場を作って盛り上げていくスタイルです。

これを面白いと感じるかつまらないと感じるかとそういうトコなのかなと思いました。

でも物語は進めていく毎にどんどん面白くなります。

イーラの連中は悪くて強いっていう理想的な悪役していて物語に緊張を与えてくれます。

途中でやめちゃうのホント勿体ないです。

5話までいけば引き返せなくなります。5話まで遊んで欲しい、そんな感じです。

複雑なマップやゲームシステム

ゲームシステムやマップ云々よりもプレイヤーが世界に関する知識が乏しいのが問題です。

ブレイドやドライバー、アーツそれにエーテルとか独特の世界観がゲームシステムに直結しているので付いていけずつまらないって感じるってのはあると思います。

とにかくプレイヤーの予備知識に対する対応が不親切で3話くらいになって情報屋で世界観に関する知識を売ってもらえます。

公式ツイッターやダイレクトで予備情報が配信されているので世界に関する知識を身に付けると理解が深まります。

www.youtube.com


マップは複雑でそこら中に強力な野生の怪物がウロウロしているので初めて間もないプレイヤーは何度も死にます。

私も何度もやられて、ちょっと折れそうになったんですが何度も死んでいると実は倒せるレベルの怪物の配置が導線のヒントになってる事に気付きます。

マップで大まかな目的地の当たりを付けてあとは怪物の配置にそって進めていくと迷い難くなります。

そこに気付けるかは死にゲーに耐性があるかどうかにかかっているかなんですが、個人的には3話以降は理不尽に死ぬ回数はグっと減ります。

これはキャラのレベルが上がって強くなるからではなく、モンハンと同じでプレイヤーのレベルが上がるからです。

序盤に死んで覚える事は決して無駄にならないので、どのルートなら先に進めるのかを考えると躓きにくくなると思います。

戦闘が難しい

慣れると楽しいですが戦闘が難しい理由には「コンボが分からない」「すぐ全滅してしまう」の2点があげられると思います。

コンボが分からない

ゼノブレイドの戦闘は個の力ではなくパーティの連携が肝です。

その為、個人の攻撃でゴリ押しで進めると雑魚には勝てても時間がかかるしボスキャラには負けます。

そこでゼノブレイドは1話から段階的にコンボを開放していきます。

最初は単体のアーツから始まり、個人の必殺技、必殺技を繋げるブレイドコンボそしてチェインコンボです。(まだあるかもしれないけど4話だとここまで)

オートアタックで300ダメージ、次いでアーツ1000そして必殺で1500そっからブレイドコンボで5000ボゴーンってなってコンボ最後まで進めると15000ブボオオオンンってなってさらにチェインコンボで200000ダメージゴラアアアって!!

もう快感すごい、時間も忘れて楽しめます。敵が固いのはコンボを楽しむ為だと思っています。

そこでコンボについては公式ツイッターで説明してくれいます。

最初にこの動画だけをみても分からないかもしれませんが遊びながら見ると理解が増します。

全滅しにくいパーティ編成

ゼノブレは敵も強いのでこっちがやられる事もあります。

ちょっと油断するとそこら辺のモブにもやられる緊張感のある戦闘が楽しめます。

レベルが敵と同じくらいなのに全滅してしまう場合はキャラ毎の役割を明確にしたカスタマイズをしてください。

プレイヤーはブレイドの厳選はもちろんポーチに何をいれるか、アクセサリは各キャラの役割とマッチしているか、絆リングの解放条件など色々と考慮する必要があります。

しかし一度に最適化するのは大変ですよね。

全滅を避けるにはまずキャラの役割を決める事だと思います。

個人的にはレックスには近接攻撃ブレイド2体回復1体、ニアは回復3体でメレフに防御3体もしくはトラでパーティを組むと良いと思います。

キャラデザイン

露出多めなので苦手な人はいるかもしれません。

こればっかりは生理的な好き嫌いだと思うのでどうしようもありませんが、主人公グループやブレイドは露出高いですがイーラやメレフなんかはカッコいいのでそっちでなんとかお願いします。

売るのは3話が終わるまで待って

システムが複雑でフォローが少ないので必要以上に難易度が上がっていて、早い段階で売ろうと思っている人もいると思います。

しかし売るのは3話が終わってから判断してほしいです。

最後まで遊んだ感想としては2話の「カグズチとの闘いからハナが仲間になるまで」と7話の某ダンジョンが難易度高いと思います。

なかでも2話はゲームに慣れていない段階なので折れてしまう気持ちもわかります。

しかし、4話以降の盛り上がり半端ないです、ぜひ諦めずに遊んで欲しいと思います。

スポンサードリンク