アラフォー過ぎてもゲームは楽しい。

ゲーム・漫画が大好きなアラフォー父さんのブログ

鬼滅の刃135話ネタバレ感想・岩柱の悲しい過去

玄弥のアドバイスを受けて岩押しに挑戦する炭治郎

前回の最後では玄弥が炭治郎に反復動作のアドバイスをくれたんですよね。

それを見て玄弥いい奴だなって思いました。兄と仲直りするとしたらどのタイミングかなぁ。

最近「繋いでいく」がテーマっぽいので実弥、玄弥を助ける場面で死んじゃうのではないかなって思うんですよ。

実弥だけではなくしのぶも危ないポジションにいるような気がします。

134話のあらすじ感想はこちらから
www.40-game-life.com



悲鳴嶋行命冥

f:id:yonjyoudansi:20181119175945j:plain

悲鳴嶋さんや玄弥は反復動作を使うとき、怒りや痛みを思い出す事により体温と心音を上昇させている。


その状態が痣のでた状態と同じではないかと玄弥は炭治郎に指摘したが玄弥や悲鳴嶋さんには痣が無いのが不思議であった。

反復動作は一瞬にして極限状態に高められるので、繰り返すことによって痣の状態が続けばよいと考えていた。

炭治郎は反復動作をするときには

f:id:yonjyoudansi:20181119175952j:plain

この流れで炭治郎は極限まで集中を高める。

f:id:yonjyoudansi:20181119180705j:plain

反復作業を何度も繰り返すうちに、とうとう岩を動かすことに成功する。

その様子をみて驚く善逸と伊之助。

俄然やる気のでる伊之助はてんぷらを思い浮かべる事で極限状態に持っていき遂に岩を動かす。

善逸は自分だけが岩を動かせていない最悪と嫌悪すると...その時すずめが手紙をもってやってきた。

f:id:yonjyoudansi:20181119180020j:plain

一方、岩を一町動かすことができた炭治郎だがあまりに力を使い過ぎて脱水症状に。

朦朧とするなか顔面に水がドバドバと垂れ流される。

気が付くと南無阿弥陀仏とお経を唱える悲鳴嶋さんの姿が。

(俺しんじゃった?)と一瞬慌てる炭治郎。

そんな炭治郎に悲鳴嶋は「炭治郎を認める」と語りかけた。

岩の訓練の達成、里で妹よりも里の人間を優先した事を認めての言動だった。

しかし炭治郎は否定した。

「決断したのは禰津子で俺は決断できずに里の人を殺してしまうところでした」

「認められては困ります」と。

f:id:yonjyoudansi:20181119180032j:plain

f:id:yonjyoudansi:20181119180049j:plain

しかし悲鳴嶋は炭治郎がほかの子供とは違うと感じた。

「いつもどんな時も間違いのない道を進みたいと思っているが先の事はわかりません。」

「いつだって誰かが助けてくれて結果、間違わずにこれただけなんです。」

「だから俺を簡単に認めないでください」

相変わらずの頭カチコチな炭治郎。

そんな炭治郎に悲鳴嶋は「疑いは晴れた」「誰が何と言おうとお前を認める」と言った。

不思議がる炭治郎。

悲鳴嶋は自分の過去を話し始めた。

過去に寺で身寄りのない子供たちと一緒に住んでいた事。

f:id:yonjyoudansi:20181119180102j:plain

しかしある夜、言いつけを守らずに出歩いていた子供が鬼と遭遇し、自分が助かるために悲鳴嶋と8人の子供の命を鬼に差し出そうとしたと。

寺は藤の花のお香を焚いて守られていたが子供はそれらのお香を消した鬼を招き入れた。

すぐに4人の子供は殺され残る4人のうちの3人は悲鳴嶋の言う事を聞かずに逃げまどい喉を掻き切られてに殺された。

当時痩せ細っていて気の弱かった盲目の悲鳴嶋の言う事など聞けないという子供なりの判断だった。

残った一人は4歳の小さな女の子だけになった。

f:id:yonjyoudansi:20181119180112j:plain

悲鳴嶋は小夜だけは守らねばと必死に戦った。

その時初めて、悲鳴嶋は自分の持つ強さに気が付いたのだ。

生き物を殴る感触はとても気色悪く一生忘れなれない出来事となった。

夜が明けるまで鬼を殴り倒し、山ほどの物を失ってまで沙代を守ったが朝になって駆け付けたものに沙代はこういった。

f:id:yonjyoudansi:20181119180210j:plain

「そ...そんな」絶句する炭治郎。


悲鳴嶋は沙代にだけは労って欲しかった...その一言があれば救われた。

しかし現実では鬼の死体は消滅し子供たちの亡骸だけが残り悲鳴嶋は投獄された。

その後、お館様に救出され一命は取り留めたが疑り深くなった。

もちろん炭治郎の事も疑っていた。どんなに善良に振舞っていても土壇場では本性が出ると。

「しかし君はうそをつかず」

「目をそらさず」

「嘘をつかず素直でひたむきだ」

f:id:yonjyoudansi:20181119180219j:plain

「ありがとうございます」「がんばります…」

涙ながらにこたえる炭治郎。

悲鳴嶋はその大きくて暖かい手で炭治郎をそっと撫でた。

f:id:yonjyoudansi:20181119180229j:plain



感想

悲鳴嶋さんメッチャいいですね。朝から目頭が熱くなりました。

多くの柱が鬼に大切な人を奪われているという点では同じなのですが、その後のゆがみ方がそれぞれで人間らしいですよね。

自分自身に失望したり人間不信になったり憎悪だったりと。

炭治郎がそんな柱達に認められていくのは見ていて清々しくて楽しいのですが反面、悲鳴嶋には死亡フラグが立ったようにも思えました。

ただでさえ鬼殺隊最強という死亡フラグが立っているので危険な感じがします。

武闘派のアカザ戦で炭治郎たちとの共闘があるかもしれないですね。

展開予想・推測

①しのぶの姉・カナエの仇は?

しのぶからカナヲへ姉の仇の鬼の倒し方が伝えられたようですがその相手はやはり童磨?

以前童磨が「壺に女の生首を生けている」と話していたこともあるし、相当ヤバイ相手ですよね。

②冨岡の姉の仇は?

冨岡の姉も鬼に殺害されたことが明らかになりました。こちらについては殆ど情報はありませんが鬼殺隊との因縁をつけるとすれば童磨の可能性が高い?

③説教部屋の開催はある?

無惨様じきじきの指令を下す説教部屋の開催も柱稽古終了後にあると思います。

恐らくですが上記①の流れから次の対戦相手は童磨がくるんじゃないかなと。まだカナエ殺害が童磨と決まった訳ではないのですが...

今週の終わり方だと説教部屋はなしで琵琶女さんの昇進パーティで終わりなのかな?

次に誰を向かわせるかくらいの指示はでるかも?

④珠代さんとしのぶの共同研究

鬼殺しの研究というよりは青い彼岸花への手がかりか禰津子を人間へと戻す手段と見ているのですがどうでしょう。

しのぶさんの死亡フラグがビンビンなんですけど大丈夫かな。

⑤不死川兄弟の仲直り

上弦との戦いで描かれるとするとどこにくるのだろうか。玄弥の力を実弥が認めるという展開が必要だと思うのです。

とすると今後の対戦カードで考えられるのはこんな感じ?

かまぼこ隊→アカザ

炭+しのぶ・カナエ→童磨

不死川兄弟→黒死牟

個人的に今後の展開としては「柱稽古」→「無限城説教部屋」→「童磨戦」→「アカザ」→「黒死牟」へと向かいそうですね。