アラフォー過ぎてもゲームは楽しい。

ゲーム・漫画が大好きなアラフォー父さんのブログ

十二鬼月最強の六人・上弦の鬼のメンバー構成・能力などの紹介

闇を統べる者たち!!上弦の鬼とは何者?

140年近くの間、鬼殺隊に殺されることなく悪の限りをつくした十二鬼月・上弦。

最強の精鋭部隊である上弦の鬼の六体とそこそこ強い下弦の鬼についてまとめてみました。


十二鬼月下弦

f:id:yonjyoudansi:20170616083036j:plain

鬼殺隊の宿敵であり多くの柱を屠ってきたのが十二鬼月です。

十二鬼月とは上弦の壱から陸と下弦の壱から陸の計12名で構成されていて上弦の壱が最も強く下弦の陸が最も弱いと言われています。

入れ替え戦を行う事で序列を変える事が出来るようです。

f:id:yonjyoudansi:20170616083053j:plain

十二鬼月には目に序列を表す番号が彫られています。

上弦は両目に番号が刻まれていますが下弦は片目しか刻まれていません。

十二鬼月の序列は厳しく下弦は上弦に蔑まされています。

上弦のメンバーは113年もの間、顔ぶれに変動はなく鬼殺隊の柱を何人も葬っています。恐るべし上弦の鬼...

f:id:yonjyoudansi:20180219085529j:plain

下弦の弐・参・肆・陸

f:id:yonjyoudansi:20171009201629j:plain

下弦の伍である累が鬼殺隊に討伐された事を知った無惨が下弦の弱さに激高し下弦の壱を残して殲滅させています。

下弦の伍…累

f:id:yonjyoudansi:20171009201648j:plain

人間から鬼に生まれ変わった後に両親を殺害。その事が原因で家族の絆に餓え自分より弱い鬼を集めて家族ごっこをしています。

炭治郎と禰豆子の兄妹の絆に触れ禰豆子を自分の家族に引き入れようとするも拒否され、鬼殺隊・水柱「冨岡義勇」に瞬殺されました。

死に際、塁は両親の親心に気付き両親と3人で地獄へ罪を償いに行った。

下弦の壱…煙霧

f:id:yonjyoudansi:20171009201640j:plain

下弦で唯一、鬼舞辻より更なる血を与えられパワーアップを果たす事に成功します。

列車と融合し乗客を食べ続けた後に上弦との入れ替えを画策していましたが、炭治郎たち鬼殺隊の手によって討伐されました。

血気術を使って自らも人間の夢に入り込み核を壊す事できるのですが、人間を唆して炭治郎たちの核を破壊する計画を実行します。

炭治郎に頸を切られた際、「自分の無力さ」と「上弦との格の違い」を悪夢と嘆きながら消えていった。

煙霧の最期は作中では珍しく救いの無い終わりでしたね。

スポンサードリンク


十二鬼月上弦

鬼たちのエリート集団。

他の鬼たちと違い無惨の振る舞いに恐れる事はなく、完全肯定のイエスマンたちです。

上弦の陸

堕姫(梅)・妓夫太郎の性格・能力など

f:id:yonjyoudansi:20171009195945j:plain

永きに渡って花街に潜み美しい遊女を食べ続けた堕姫。

堕姫の人間時代の名前は「梅」。その由来は母が患っていた病気(梅毒?)から。

美しい姿と強い柱を7人葬っている功績から鬼舞辻の寵愛を受けています。

本体とは別に遠隔で着物の帯を操る血気術を使い美しい遊女を地下にある食糧庫に保管しています。

f:id:yonjyoudansi:20171204151056j:plain

妓夫太郎は堕姫の兄。堕姫以上の戦闘能力を有していて兄一人で過去に柱を15人も葬っています。

両手に鎌状の武器を持ち、血鬼術は追尾機能の備わった猛毒入りの血鎌を飛ばす事ができます。

また兄が完全に起きると堕姫の額に第三の目が現れ、兄妹で強力な連携攻撃を繰り出してきます。

f:id:yonjyoudansi:20171204151105j:plain

兄の妓夫太郎と堕姫の両方の頸を切り離した状態にすることで消滅します。

戦闘の経緯

食糧庫に保管した遊女の中に音柱「天元」の妻が2人含まれている事から鬼殺隊に鬼の存在を疑われ花街への潜入調査が始まります。

妻の捜索に来た音柱・宇髄天元の前に堕姫はなす術もなく圧倒されますが追い込まれた堕姫の体内から兄の妓夫太郎(ぎゆうたろう)が姿を現します。


激選の末に炭治郎と天元が兄を、善逸と伊之助で妹の頸を斬る事に成功すると死に際に太郎と梅はお互いを激しく罵り合います。

炭治郎に「兄妹の罵詈雑言は本心でない」「兄妹だけは仲良く」と窘められながら妹・梅は消滅します。

消えていく妹を見て兄・太郎は幼き頃の梅を思い出します。

育てたのが俺じゃなかったら妹にはもっと別の(幸せな)人生があったのではないかと。

地獄への暗い道を進む最中に太郎は梅と再会するも「お前など妹ではない」「俺とは反対の明るい道を行け」と追い返します。

太郎の行く道は地獄、しかし梅は「いつも一緒にいるって約束したじゃない」と泣きながら太郎にしがみつき兄の背中におぶさります。

他人から許される事の無い兄妹はお互いに寄り添い合い二人揃って地獄へと足を踏み入れたのです。

上弦の伍

玉壺(ぎょっこ)の性格・能力など

f:id:yonjyoudansi:20180528090955j:plain

壺の中に潜み、目や口の位置が滅茶苦茶で妖怪に近い姿をしています。

上弦が集合した際には「猗窩座様が死んだのかと思った」と毒づき無一郎との戦いでは舌戦を繰り広げるなど口達者です。

情報収集探索能力に優れ、鬼殺隊の刀鍛冶の里の場所を探り当てます。

芸術家を気取っていて殺した人間を壺に生けては作品を作り他人に見せて楽しんでいます。

また自分の作品をけなされると激高します。

f:id:yonjyoudansi:20180528093944j:plain

f:id:yonjyoudansi:20180528091006j:plain

能力は多彩で壺から壺へ瞬時に移動する高速移動や手から毒針を放ちます。

本来は金剛石よりも固い鱗で覆われた半魚の姿をしており触れたものを魚に変える強力な一撃を繰り出します。

鬼滅条件は通常の鬼と同様に頸を斬る事のようです。

戦闘の経緯

刀鍛冶の里の場所を発見した玉壺は無惨の命により半天狗と共に里の壊滅に向かいます。

里を襲撃した際、刀の修理のため滞在していた霞柱・無一郎と交戦します。

一時は無一郎を圧倒するほどの実力差を見せつけ多くの刀鍛冶を葬ります。

しかし記憶を取り戻した無一郎には歯が立たず、真の姿をあらわすもあっさりと倒さ最後は細切れにされて消滅します。

上弦の肆

半天狗(はんてんぐ)の性格・能力など

f:id:yonjyoudansi:20180219102311j:plain

般若のような風貌で「不吉」「恐ろしい」などネガティブな発言が多く一見すると弱そうな印象です。

しかし気配の隠し方が実に巧妙で霞柱・無一郎の斬撃を難なく躱す俊敏性を持ち合わせています。

f:id:yonjyoudansi:20180416084419j:plain

分裂型の鬼であり分裂体の頸を斬ると更に分裂して若返るという特性を持っています。

分裂の上限は不明ですが喜怒哀楽の4体に分裂した時が強さのピークでそれ以上に分裂すると弱くなります。

積鬼(せきど)
f:id:yonjyoudansi:20180416084411j:plain

名前の通り怒りの感情を前面に出した言動が多い。

もっている錫杖は雷を呼び起こす。

可楽(からく)
f:id:yonjyoudansi:20180416084403j:plain

可楽は楽の言動が多く楓の葉の様な大きな扇を武器としている。

その扇を軽く振るだけで突風が吹き無一郎を遥か彼方へ吹き飛ばしてしまった。

空喜(うろぎ)

f:id:yonjyoudansi:20180528094020j:plain

喜びの感情をもつ半天狗は翼を生やし宙を舞う事を可能とした。口から音波の様な攻撃を繰り出す他、斬った箇所から自分の顔を生やす事も出来るようだ。

哀絶(あいぜつ)

f:id:yonjyoudansi:20180528094011j:plainf:id:yonjyoudansi:20180528094001j:plain

哀の感情を持つ半天狗は槍を使い戦う。

さらに4体が合体して憎珀天と呼ばれる鬼に変身します。

憎珀天は喜怒哀楽の全ての能力が使うことのできる最強の形態です。

そしてこれらの分裂体を操る本体がいます。

f:id:yonjyoudansi:20180618085835j:plain

野ネズミほどの小さな体でおびえながら隠れている様です。

また頸の強度が非常に強く玄弥の日輪刀では斬る事ができず刀が折れてしまいました。

f:id:yonjyoudansi:20180618085847j:plain

半天狗は強力な4体が鬼殺隊と戦い本体は殺されないようにこそこそと隠れながら戦います

戦闘の経緯

玉壺と共に刀鍛冶の里に潜入して里の壊滅をもくろみます。

その際に滞在していた炭治郎、不死川玄弥、禰津子と応援に駆け付けた恋柱・甘露寺蜜璃と交戦します。

喜怒哀楽状態の時は炭治郎、玄弥、禰津子が戦い本体を発見された半天狗は憎珀天を生み出します。

蜜璃が合体した憎珀天と戦い、その間に炭治郎たちが本体と交戦します。

半天狗は夜明け間近まで粘りますが新たに研ぎ澄まされた炭治郎の日輪刀によって頸を切られて消滅します。

新上弦の肆

鳴女(なりめ)の性格・能力など

f:id:yonjyoudansi:20180219102333j:plain

無限城にて琵琶を弾く一つ目の鬼、通称「琵琶女」。

空間操作能力に優れており琵琶を奏でることで無限城の構造変換や重力操作?、瞬間移動などの血鬼術を扱うことができる。

無限城に十二鬼月を招集する際や、玉壺と半天狗が鍛冶の里を襲撃時にも鳴女が転送するなど有能な能力者である。

半天狗の討伐後には目に肆の文字を刻まれていることから上弦の肆に昇格したと思われる。

能力も向上し遠隔視の能力を発動し鬼殺隊の動向を探っている。

f:id:yonjyoudansi:20181122161258j:plainf:id:yonjyoudansi:20181122161304j:plain

上弦の参

猗窩座(あかざ)の性格・能力など

f:id:yonjyoudansi:20171009194452j:plain

f:id:yonjyoudansi:20171009194500j:plain

近接戦特化型の鬼で好戦的な性格でキレやすく格闘術に優れています。

強い者と戦うことを生きがいにしていて弱者を嫌っています。

人間でも強いと認めれば鬼の世界へと勧誘します。

かつては童磨より上の位にいたが入れ替え戦によって追い抜かれてしまいました。

また、黒死牟に対しても何らかの確執がある様で上弦の一員としてみても浮いた存在ではあります。

戦闘の経緯

炭治郎たちが下弦の壱との交戦中、近くにいたという理由で炭治郎たちの抹殺を命じられます。

炎の柱「煉獄杏寿郎」の強さも認め、鬼の仲間に誘うも拒否されたため交戦し激闘の末、煉獄を葬ります。

煉獄は葬ったものの炭治郎に一太刀浴びせられた事を無惨に罵られた為、炭治郎に対し強烈な遺恨を残しています。

上弦の弐

童磨(どうま)の性格・能力など

f:id:yonjyoudansi:20180219102321j:plain

宗教の教祖を務めている陽気な鬼。

猗窩座を(入替戦により?)追い越して上弦の弐の座に就いた。

鬼同士の入れ替え戦を考慮すると鬼殺隊は過去一人も上弦を倒せていない気がします。

振る舞いは陽気で楽観的で慣れ合うような言動、発言をしています。

100以上年前に妓夫太郎を鬼の世界に招いた鬼で当時の格付けは上弦の陸でした。

猗窩座に対して「前よりも少し強くなった」の発言から(猗窩座と)戦ったことがあると推測されます。

またこの発言に対して猗窩座がキレている事から元々は猗窩座より下の階級だった可能性も考えられます。

上記については童磨の口から「猗窩座の後から鬼になったのに追い越した」旨の発言があった事から元々は猗窩座より序列が下だったが入れ替え戦によって立場が変わった事が裏付けられました。

本人いわく探知は苦手で青い彼岸花を探すのが難航しています。

上弦の壱

黒死牟(こくしぼう)の性格・能力など

f:id:yonjyoudansi:20180219102357j:plain

六つの目と顔に始まりの剣士の痣がついている上弦最強の鬼。

その容貌から始まりの剣士の一人と思われ、その実力は猗窩座の力を持ってしても到底、敵わない様子。

序列を重んじる性格で童磨に対する猗窩座の横柄な態度に業を煮やし腕を切り落としています。


現状、判明している十二鬼月の能力についてまとめてみました。今後も随時更新していきます。

本誌では残る上弦があと四体。禰津子をめぐってさらに盛り上がっています。異色の傑作「鬼滅の刃」は現在、単行本1~13巻まで絶賛発売中です。