アラフォー過ぎてもゲームは楽しい。

ゲーム・漫画が大好きなアラフォー父さんのブログ

鬼滅の刃132話ネタバレ感想・柱稽古に炭治郎が参戦!!

全快の炭治郎、鬼舞辻との戦いに備えて柱稽古参戦!!

上弦の参~壱との戦いに向けての修行パートが始まりました。

前回は冨岡の過去が明らかになり冨岡の葛藤も解消されましたね。そして今回、焦点が当たる柱はあの人でしょう。

鬼舞辻側の動きも気になるところですが…無限城・説教部屋の開催はあるのでしょうか(笑)

スポンサードリンク




全力稽古

f:id:yonjyoudansi:20181029082421j:plain

鬼殺隊の戦力底上げを図る為、実施されることになった柱稽古。

半天狗との戦闘での傷が癒えた炭治郎がいよいよ訓練に参加する。

柱稽古(音→霞→恋)

f:id:yonjyoudansi:20181029095606j:plain

最初の稽古は(元)音柱・宇髄の基礎体力作りから。笑顔で迎える宇髄一家。

炭治郎は宇髄の稽古を難なくこなし、霞柱無一郎のもとへ。ここでも快く迎えられた炭治郎。

わずか五日で高速移動をものにして甘露寺邸へ向かう。

蜜璃は家で蜂を飼っていて「地獄の柔軟」の合間に蜜璃自家製のはちみつを使ったパンケーキを振舞ってもらい稽古を完遂した。

f:id:yonjyoudansi:20181029082358j:plain

柱稽古(蛇→風)

f:id:yonjyoudansi:20181029082339j:plain

蜜璃の稽古を終えると次は炭治郎の事が死ぬほど嫌いな蛇柱・伊黒の稽古へ参加した。

伊黒は炭治郎が蜜璃と親しくしている事がことさら気に入らない様子だ。(伊黒と蜜璃は文通している)

正確な太刀筋を身に付ける為の厳しい訓練だったが4日ほどの滞在で炭治郎は訓練を終えた。

f:id:yonjyoudansi:20181029082324j:plain

続く風柱への稽古へ向かう途中に善逸と遭遇する。

風柱の稽古のあまりの厳しさに逃げ出してきたのだが結局つかまって連れ戻された。

風柱・不死川に「よろしくお願いします」と挨拶を交わすも「調子に乗るな、お前を認めていない」と返される炭治郎。

しかし炭治郎も「禰津子を刺したあなたを認めていない」と返すのであった。

その一言が不死川に火をつけ炭治郎は初日にして顔が腫れ上がる程ボコられていた。

f:id:yonjyoudansi:20181029095555j:plain

初日の訓練を終えると遠くから聞き覚えのある声が聞こえた。

不死川実弥の弟玄弥の声だ。

あの時の事を兄に謝りたい、兄弟の関係を修復したい…玄弥はその一心で実弥の元にやってきたのだろうか。

しかし実弥の一言は辛辣だった…

f:id:yonjyoudansi:20181029095640j:plain

次話へ続く

感想

炭治郎と共に戦った柱とそれ以外の柱の温度差にウケますねw

実際いますよね、話してみると良い奴だけど傍目にはなんか気に入らない奴って。

まだ見える部分の関りしかない伊黒や不死川には炭治郎の良さはわからないんでしょう。

しかも伊黒が炭治郎を嫌っている理由が禰津子や柱合裁判での態度だけでなく蜜璃ちゃんと親しいからってのもなんか可愛らしい。

今回の感じだと伊黒は炭治郎を認めている感がありますね。上弦2体撃破の功績は鬼殺隊として相当なものです。

一方で実弥の方はガチでヤバいww

鬼は憎いの気持ちが相当強く、未だ禰津子の事も認めていなさそうです。そして玄弥の事も許せていない様子。

炭治郎には二人の仲を取り持つ事は無理そうなんで、このタイミングで出てきた善逸が活躍するのかな?などと思っています。

展開予想・推測

①しのぶの姉・カナエの仇は?

しのぶからカナヲへ姉の仇の鬼の倒し方が伝えられたようですがその相手はやはり童磨?

以前童磨が「壺に女の生首を生けている」と話していたこともあるし、相当ヤバイ相手ですよね。

②冨岡の姉の仇は?

冨岡の姉も鬼に殺害されたことが明らかになりました。こちらについては殆ど情報はありませんが鬼殺隊との因縁をつけるとすれば童磨の可能性が高い?

③説教部屋の開催はある?

無惨様じきじきの指令を下す説教部屋の開催も柱稽古終了後にあると思います。

恐らくですが上記①の流れから次の対戦相手は童磨がくるんじゃないかなと。まだカナエ殺害が童磨と決まった訳ではないのですが...

④珠代さんとしのぶの共同研究

鬼殺しの研究というよりは青い彼岸花への手がかりか禰津子を人間へと戻す手段と見ているのですがどうでしょう。

しのぶさんの死亡フラグがビンビンなんですけど大丈夫かな。

個人的に今後の展開としては「柱稽古」→「無限城説教部屋」→「童磨戦」へと向かいそうですね。

アカザと黒死牟に因縁があるみたいなので先に上弦の弐と戦ってからと見ています。

単行本13巻が11月2日発売

内容は上弦の肆(半天狗)との戦いがメインになると思います。

こそこそ噂話も楽しみですね。


スポンサードリンク