アラフォー過ぎてもゲームは楽しい。

ゲーム・漫画が大好きなアラフォー父さんのブログ

【鬼滅の刃】鬼殺隊・柱と十二鬼月・上弦の対戦のみどころ・展開予想(あらすじネタバレあり)

物語の概要

f:id:yonjyoudansi:20180611004836j:plain

舞台は人を喰う鬼がうごめく日本。

ある雪の日、竈門家の長男・炭治郎は妹を残して家族は惨殺され生き残った妹・禰津子も鬼になった。

自分の無力さに打ち震えながらも炭治郎は刀を握り鬼殺隊に入隊する。

全ては悲しみの連鎖を断ち切る為、禰津子を人間に戻すために鬼の元締め鬼舞辻無惨の討伐を心に誓う。

スポンサードリンク



鬼殺隊VS鬼舞辻の流れ

112話時点では舞台を刀鍛冶の里に移し上弦の肆・伍と交戦中です。

この時点での鬼殺隊主要戦力である柱は残り7名。

若手は炭治郎・禰津子・善逸・伊之助・カナヲ・玄弥の6名が台頭してきている。

鬼舞辻側は十二鬼月下弦は全滅・上弦の陸は死亡。上弦壱~伍と琵琶女を主要戦力として残している状況です。

この状況下でも鬼側が有利なのは間違いありませんが上弦のメンバーが100年以上変っていないというのは裏を返せば鬼が育っていないとも取れます。

対する鬼殺隊側は5年で柱になる事が出来るとの事なので意外と戦力の補充には時間がかからない様ですね。

それでは下弦の伍から上弦陸までの流れをおさらいしていきましょう。

炭治郎たちVS下弦の伍

f:id:yonjyoudansi:20180303132524j:plain

鬼殺隊に入隊以降、着実に指令をこなし戦績を上げた炭治郎。

響凱(きょうがい)との戦いで合流した鬼殺隊同期メンバーの善逸と伊之助と共に新たなる任務に向かう。

次なる指令は那田蜘蛛山。

先に乗り込んだ鬼殺隊隊士が次々と倒されていく中、炭治郎一行はかつてない程の禍々しい異臭を放つ山中で十二鬼月と名乗る鬼と対峙する。

注目ポイント

下弦の伍・累とその配下との闘い。

基本的に鬼は群れる事を許されていないが一部の鬼は許されている模様。

伊之助の走馬灯に映った母親の存在。

炭治郎の走馬灯に映る彼岸花。

善逸の過去と夢。

炭治郎と父親とのヒノカミ神楽・耳飾りのやりとり。

炭治郎がヒノカミ神楽を禰津子が爆血を使う。

水の呼吸・拾壱の型「凪」は冨岡だけのオリジナル技。

蟲柱・胡蝶しのぶは鬼の頸は切れないが毒殺する事ができる。

冨岡は他の柱から嫌われているが本人は否定している(笑)

柱合裁判(45話)

f:id:yonjyoudansi:20180303235939j:plain

鬼を連れている鬼殺隊隊士という事で裁判にかけられる炭治郎と禰津子。

「悪鬼滅殺」を掲げる鬼殺隊最高戦力の柱たちを前に禰津子の存在は認められるのか…

注目ポイント

鬼殺隊当主・産屋敷輝哉・9名の柱の登場。

鬼殺隊は柱合会議と呼ばれる会議を半年に一度行っている。

鬼舞辻と接触した事があるのは炭治郎だけ。

産屋敷は珠世を知っている。

禰津子が鬼殺隊隊士として認められる。

蝶屋敷修行

f:id:yonjyoudansi:20180611011853j:plain

柱合裁判を経て禰津子の存在を認められた炭治郎達は累たちとの戦闘での傷を癒すため蟲柱の拠点・蝶屋敷にて治療に専念する。

蝶屋敷での身体回復鍛練では鬼殺隊同期のカナヲを前に全く歯の立たない炭治郎一行。

行き詰まりをみせる中、炭治郎は常中と呼ばれる技術を知る。

注目ポイント

柱合裁判を経て蝶屋敷での修行回。

しのぶは薬学に通じていて治療も行っている。

カナヲはしのぶの継子。

蝶屋敷にはカナヲの他にアオイ、なほ、きよ、すみがいる。

全集中の呼吸を常時行う事を常中といい柱は全員使っている。

しのぶは姉カナエを鬼に殺されている

炭治郎一行も常中を会得する。

無限城招集・下弦編

f:id:yonjyoudansi:20170616082952j:plain

f:id:yonjyoudansi:20170616083903j:plain

下弦の伍・累を討ち取られ怒り心頭の鬼舞辻は下弦の弱さに失望し残る5名の下弦を無限城に招集する。

そして下弦の壱・煙夢以外は鬼舞辻の逆鱗に触れ鬼殺隊と相まみえる事無く解体した。

注目ポイント

鬼舞辻側(鬼側)の組織の内部事情が分かる。

無限城と呼ばれる異空間に鬼たちは招集される。

琵琶女と呼ばれる側近がいる。

鬼舞辻は自由に姿形を変える事が出来る他、鬼の思考を読み取る事ができる。

禰津子・珠代の思考は読み取れない。

十二鬼月は上弦6名・下弦6名の計12名で上弦は両目に下弦は片目に番号が刻まれている。

上弦と下弦を番号の序列、番号を上げる(出世)為に入れ替わりの決戦を申し込むことが出来る。

下弦は壱・魘夢を残して解体。

炭治郎たちVS下弦の壱・魘夢

f:id:yonjyoudansi:20171009201640j:plain


ヒノカミ神楽の秘密に迫る為、炎柱との接触を試みる炭治郎一行。

行方不明者が多発していると噂される汽車で炎柱・煉獄と合流する。

現実に疲弊し生気を失った人間たちを操る怪しげな鬼の気配。

巧妙に張り廻られた罠に炭治郎達はどう戦うのか。

注目ポイント

炭治郎、煉獄、伊之助、善逸の夢の世界。

炭治郎の心の中の光る人。

禰豆子は夢を見ない?

炎の呼吸を火(ひ)の呼吸と呼んではいけない。

煉獄の強さ・判断力・指導力

炭治郎と伊之助の共闘。

炎柱・煉獄杏寿郎VS上弦の参・猗窩座

f:id:yonjyoudansi:20180611004849j:plain


煙霧討伐後、炭治郎達の前に突如として現れた上弦の参・猗窩座。

圧倒的な戦闘力をもつ猗窩座に炎柱煉獄でさえも苦戦を強いられる。

「自分がなぜ強く生まれてきたのか?」母親に教えられた答えを煉獄は身をもって示そうとしていた

注目ポイント

炎柱・煉獄杏寿郎と猗窩座の最強対決。

人と鬼の強さを対比。

猗窩座の強さ。

炭治郎の叫び。

煉獄の想いと母親との再会。

伊之助の涙。

青い彼岸花

f:id:yonjyoudansi:20170627124307j:plain

f:id:yonjyoudansi:20170627124822j:plain


とある製薬会社の養子として迎えられた少年。

少年の正体は姿を変えた鬼舞辻だった。

炎柱・煉獄を葬ったことを鬼舞辻に報告する猗窩座。

しかし、鬼舞辻にとって柱など取るに足らない存在。

青い彼岸花と呼ばれる花を得ることが鬼舞辻の最大の目的のようだが。

注目ポイント

鬼舞辻の目的。

猗窩座の忠誠心(無限城での下弦達との対比)

炭治郎への雪辱。

煉獄家訪問

f:id:yonjyoudansi:20180611004938j:plain


煉獄の死後、無力さに打ちひしがれる炭治郎。

炭治郎は傷も癒えぬまま、煉獄の死際の言葉を届けに生家を訪ねた。

そこで出会った父・槇寿郎は炭治郎の耳飾りを見て驚く。

「日の呼吸の使い手だな?」

激昂した槇寿郎が炭治郎に掴みかかると「俺たちをバカにしてるだろう?」と問いかけた。

注目ポイント

煉獄槇寿郎のコンプレックスと日の呼吸の存在。

炭治郎の頭突き。

杏寿郎の鍔。

千寿郎の潜在能力の可能性。

炭治郎の柱への決意。

音柱宇髄・炭治郎・善逸・伊之助VS上弦陸・堕姫・妓夫太郎

f:id:yonjyoudansi:20180307081038j:plain
f:id:yonjyoudansi:20171204151056j:plain
f:id:yonjyoudansi:20171009195945j:plain


鍛錬と任務をこなし確実に成長する炭治郎。

ある日、指令をこなし蝶屋敷に帰還するとアオイたちが音柱・宇随天元に連れ去られそうになっていた。

宇随は行方不明になった三人の妻の捜索の為に女手を連れて遊郭への潜入を画策していた。

それなら俺達が行くと炭治郎は申し出ると宇随と共に吉原・遊郭へ潜入した。

遊郭には今まで遭遇したことのない不吉なにおいに満ちていた。

注目ポイント

炭治郎達の女装。

堕姫から女の子を庇う善逸の優しさ。

人間社会に溶け込む上弦の鬼。

堕姫・妓夫太郎の強さ。

宇随の柱としての想い・強さ。

宇随の妻たち。

禰津子の鬼化。

堕姫の帯攻撃。

妓夫太郎の戦闘力・毒攻撃。

炭治郎・伊之助・善逸の連携。

霹靂一閃・神速。

上弦・童磨の存在・鬼化の理由。

梅・太郎の最期・二人で地獄へ。

無限城招集・上弦編(98話・99話)

f:id:yonjyoudansi:20180611004629j:plainf:id:yonjyoudansi:20180611004638j:plain


上弦の陸をやられた鬼舞辻は上弦の伍から壱を無限城に召集。

上弦だからと言って甘やかしすぎたと詰め寄ります。

探知が苦手と申し開きをする上弦の弐・童磨。

ここで上弦の伍・玉壺はある情報を入手したと鬼舞辻に報告する。

鬼舞辻は情報の真偽を確かめ次第、上弦の肆・半天狗と共に行動に移せと玉壺に命じた。

注目ポイント

上弦の月・113年ぶりの集合。

上弦同士の掛け合い・関係性。

上弦と下弦の違い。

壱・弐は別格の強さ。

上弦の弐・童磨は猗窩座より後に鬼になった。

上弦の壱・黒死牟の外見は日の呼吸の剣士に似ている。

黒死牟は序列を重んじている。

童磨は教団の教祖として人間社会に溶け込んでいる。

猗窩座は黒死牟をライバル視している。

スポンサードリンク



刀鍛冶の里編

現在、本誌では刀鍛冶の里にて炭治郎・禰津子・玄弥・無一郎・甘露寺VS玉壺・半天狗が繰り広げられています。

玉壺VS無一郎

f:id:yonjyoudansi:20180528101935j:plain


日の剣士の末裔でありながら過去に大けがをして記憶の一部が霞掛かって曖昧である。その影響か呼吸は日ではなく霞。

炭治郎との出会いが無一郎の心境に変化をもたらす。

「効率よく最も大切な物を優先的に守る」→「人の為にする事はめぐりめぐって自分の為になる」

現状の展開では無一郎は玉壺に押されていますが逆転のカギを握るのは刀鍛冶たちですよね。

当初、無一郎を嫌っていた刀鍛冶ですが身を挺して自分を守ってくれた事に対するお返しが霞を晴らしてくれるのでは。

具体的には絡繰からでてきた日輪刀を無一郎をに渡して日の呼吸覚醒という展開が王道ですよね。

玉壺は無一郎に単独撃破されると予想しています。

半天狗VS炭治郎・禰津子・玄弥

f:id:yonjyoudansi:20180528094020j:plain

f:id:yonjyoudansi:20180528094011j:plain


斬れば斬る分裂していく半天狗を相手に善戦する炭治郎達。

半天狗は斬っても分裂していきますが一番強いとされるのは、せきど・からく・あいぜつ・からきの状態でこれ以上の分裂は数が増えても弱体化するだけです。

この対戦カードも圧倒的に半天狗が優位に立っている状況です。

しかし炭治郎のヒノカミ神楽と禰津子の爆血を混ぜ合わせた燃える刀「爆血刀」で反撃にでます。

その圧倒的な攻撃力に半天狗はかつての日の剣士と炭治郎の姿をダブらせ苦戦を強いられます。

f:id:yonjyoudansi:20180618085800j:plain

そして4体同時に頸を斬る事に成功しますが半天狗は消滅せず新たな5体目の存在に気付きます。

玄弥が「俺が半天狗を倒し柱になる」と意気込むと「援護する」と炭治郎。

二人で協力して探し当てた5体目の半天狗は恐ろしく小さくそして堅かったのです。

f:id:yonjyoudansi:20180618085835j:plainf:id:yonjyoudansi:20180618085847j:plain

戦いの行く末はどうなるのか...

この刀鍛冶編では鬼殺隊側は鍛冶の里の半壊、鬼舞辻側は上弦の肆、伍の消滅が落としどころでしょう。

甘露寺は素敵な殿方が見つかってリタイヤするかもしれませんね。

スポンサードリンク



今後の展開予想

f:id:yonjyoudansi:20180303232230j:plainf:id:yonjyoudansi:20180303232221j:plain

まだまだ刀鍛冶の里編もはじまったばかりですが今後の展開予想です。

上弦参アカザVS炭・伊・善・禰

当然のリベンジマッチ。千寿朗が何らかの形で参戦。実は強かったパターンなら熱い。

上弦弐童磨VS岩・不死川兄弟

宗教がテーマになりそうなので岩が来そう。岩が来れば玄弥参戦の可能性大。玄弥が来れば兄の風も来るか?

不死川兄弟の身体の秘密(超回復)が鬼舞辻の病弱コンプレックス克服の鍵になりそう。

上弦壱黒死牟VS無一郎

壱は日の剣士と関係性があるはずなので炭と無一郎は必須。

最終的には炭治郎が日の呼吸会得して「これは宇髄さんの呼吸」とか言いながら全部の呼吸を使って鬼舞辻倒すトコまで予想しています。

※物語の進行と共に更新していきます

スポンサードリンク